製品情報
2022年3月15日 更新 / 2022年3月15日 公開

健康管理システムCarely、相談窓口の設置・休復職管理をラクにする新機能「メッセージルーム」を提供開始

人事・産業保健職と従業員間の気軽で安全な相談環境の設置でメンタルヘルスケアを強化

株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:山田洋太)が開発・提供する健康管理システム「Carely」は、新たに「メッセージルーム」を4月より提供開始します。Carelyのメッセージルームは、人事や企業内の産業保健職(産業医・保健師)と従業員がプライバシーを確保された環境でオンラインメッセージをやりとりできます。従業員にとっては気軽な相談窓口としての活用が期待されるほか、人事部門としては個人情報に関わるやりとりの記録がCarelyに一元管理されることで、安全かつ効率的な管理体制を実現できます。

社内の専門家によるメンタルヘルスケアを推進

 テレワークの定常化によって、働くひとの健康・不調に気づく機会が失われ、メンタルヘルスケアが手遅れとなっているケースが多く報告されています。厚生労働省では、メンタルヘルスケアを4つの方法で実践することを提案しており、オンライン上でその仕組みを整えることが重要です。

中でも「社内の専門家によるケア」を促すことを目的としているのがCarelyの新機能「メッセージルーム」です。これまで社内の専門家(産業医や保健師などの産業保健職)は、従業員からの心身に関する相談を受け付けたり、休職者とのコミュニケーションツールとしてメールを使ってきました。しかし、メールによるやりとりは履歴を振り返りづらいため面談記録への転記作業が発生したり、誤送信による情報漏えいのリスクを抱えていました。

健康管理システムCarelyでは従業員の健康情報(健康診断結果・ストレスチェック・面談記録・診断書など)が一元管理されているため、メッセージルームでのやりとりを含めて健康に関する個人情報をセキュアな環境で保管しつつ、効率的な社内共有が実現できます。また産業保健職の異動や退職の際にもモレのない引き継ぎができる利点があります。健康に関する従業員とのやりとりをチャットやメールから転記している保健師にとっては、日々の健康管理をCarely上で完結できるため、業務の効率性が高まります。

一方、従業員にとっても、例えば面談ハードルがある場合などに気軽な相談窓口として認識・活用されれば、セルフケア向上による一次予防の効果が期待できます。

メンタルヘルスケアの参考:
・管理職によるラインケア実践のコツ https://www.carely.jp/company-care/telework-linecare/
・事業場内のメンタルヘルス推進担当者の奮闘記 https://kokoro.mhlw.go.jp/implementation/

メッセージルームの利用シーン

Carelyのメッセージルームは人事や企業の保健師と従業員のコミュニケーションプラットフォームとして、主に3つの利用シーンを想定しています。(今後の実装予定を含む)

①従業員の相談窓口

時間を予約して面談するほどではないが、ちょっとした相談を希望する際に、Carelyの従業員画面のメニューから気軽に相談・利用ができる

②グループコミュニケーション

休職・復職時の従業員・管理職(上司)・人事などのグループコミュニケーションを一本化し、休職・復職に関する情報・経緯をCarelyに蓄積できる

③社内の保健師からの健康情報の配信

従業員のニーズ・課題や時期に合わせた内容を社内の保健師が検討・作成し、Carelyの「健康情報配信」メニューから一斉送信できる。

▲メッセージルームの利用イメージ(Carelyの従業員画面)

健全な組織創りを支援する、健康管理システムCarely

Carelyは、健康管理をデジタル化することで人事課題を解決する健康管理システムです。業務管理システムとしての一面に加えて、管理職や従業員といった会社全体を巻き込んだ、健康経営・ウェルビーイング体制を構築するプラットフォームとして導入が進んでいます。

<組織創りを支援する機能の一例>

・クロス分析
https://www.carely.jp/news/20211104/

・統合人事システム「COMPANY®︎」連携
https://www.carely.jp/news/20211130/

・ウェルビーイングサーベイ
https://www.carely.jp/news/20210706/

株式会社iCAREについて

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパス(存在意義)に掲げる。2016年3月に健康管理システムCarelyを開発し、企業に眠る健康データを活用した健全な組織創りを支援している。

代表者:代表取締役CEO 山田洋太
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿1丁目23-23
事業内容:健康管理システム「Carely」の開発・運営


関連記事

執筆・監修

  • Carely編集部
    この記事を書いた人
    Carely編集部
    「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、日々企業の現場で従業員の健康を守る担当者向けに、実務ノウハウを伝える。Carely編集部の中の人はマーケティング部所属。

お役立ち資料

  1. 健康経営優良法人の攻略ガイド〜調査票の健康管理編〜
    健康経営優良法人取得に向けて、調査票作成という観点で押さえておくことが望ましいポイントをお伝えします。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  2. Carelyの活用で健康経営優良法人を攻略する
    認定企業数が増え続けている健康経営優良法人。 変化の激しい現代では、コロナウイルスへの対応項目やSDGsへの取り組み項目など、新しい項目が続々と追加されています。 そんな中、毎年取得し続けなければいけない健康経営優良法人にプレッシャーを感じていませんか? 今回は、健康管理システム「Carely」を使って、健康経営優良法人を効率的に取得する方法をお伝えします。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  3. 第8回健康経営サミット – 録画配信 –
    本セミナーでは実際の健康経営度調査をもとに、 項目変更の背景理由、中長期視点で抑えるべきポイントについて解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  4. 第7回健康経営サミット – 録画配信 –
    今回の健康経営サミットでは、人事通算歴13年、現在は人事コンサルタントとして活躍する金丸 美紀子氏をゲストにお迎えし、
    組織がいま取り組むべき健康経営について学びます。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  5. Carelyサービス資料
    健康管理システムCarelyの大企業向けサービス資料です。 Carelyは産業保健スタッフや人事労務の実務担当者の方が抱える、健康診断、ストレスチェック、過重労働等の健康データを一元管理し、効率的に実施する仕組みづくりをサポートします。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  6. 第6回 健康経営サミット – 録画配信
    本セミナーは、株式会社サイボウズ、株式会社iCAREの共催で行います。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  7. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  8. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  9. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  10. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  11. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  12. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  13. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  14. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  15. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  16. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  17. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  18. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  19. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  20. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする