製品情報
2021年8月25日 更新 / 2021年6月3日 公開

Carelyへの相談件数がコロナ前後で1.5倍増!メンタルヘルス対策について勉強会を開催

クラウド型健康管理システムCarely(ケアリィ)を開発・提供する株式会社iCAREは、コロナ禍でテレワーク・在宅ワークが定常化する中で深刻な問題となっているメンタルヘルス対策について、導入企業向けに勉強会を開催しました。(2021年5月28日開催)当日はiCARE社員でメディカルスタッフの山本佳奈(臨床心理士/公認心理師)より、遠隔でのメンタル不調の見分け方や対応のポイントについて解説しました。

■Carelyへ増加するメンタルヘルス関連の相談件数 

東京・関西圏中心に3度目の緊急事態宣言の再延長が発令されました。テレワークの環境整備は整ってきた一方で、企業の人事労務、産業保健師を中心とした健康管理担当は、あまりに長期化する在宅勤務によるストレス・メンタルヘルス対策について益々課題感を強めています。
iCAREが提供するクラウド健康管理システム「Carely」では従業員向けに健康チャット相談のサービスを提供しております。食事や運動などのフィジカルな健康悩みだけでなく、業務やキャリアに関連した相談や、メンタルヘルス不調に起因する内容について専門的な知見・経験をもつメディカルスタッフが対応しています。企業の人事担当や産業医と連携し、メンタル不調の兆しをいち早く捉えて対策が取れるような体制を築いています。

参考記事:コロナ前後でメンタルヘルス関連の相談件数が1.5倍増
https://www.icare.jpn.com/news/20200519/


iCAREで実施したコロナ前後の相談内容調査により、メンタルヘルス不調の相談が著しく増加していることがわかっています。就業環境の急激な変化へのストレスや、コミュニケーション不足による孤独感など原因かいくつか想定されますが、健康管理担当側からも遠隔での対応によって変化・不調が見えづらい状況にあり、問題が顕在化した時には対応が遅いケースも多々発生しています。

【2020年度Carelyチャット相談の内容】
※2020年4月〜2021年3月合計(2021年5月集計)

1位.ストレスチェック
2位.健康診断
3位.メンタルヘルス/ストレス関連
4位.筋骨格症状
5位.体調不良
6位.睡眠

1位.ストレスチェック・・・ストレスチェックの結果、高ストレス者に対して配信されるチャットに対する回答・相談、セルフケア方法などの情報提供など
2位.健康診断・・・健康診断の結果、有所見者に対して配信されるチャットに対する回答・相談、セルフケア方法などの情報提供など

■ 導入企業向け勉強会詳細

 左:Customer Success チーム駒居、右:Employee Success チーム(メディカルスタッフ)山本

先日5月28日(水)に実施した勉強会では、導入企業の課題感の強いメンタルヘルス対策について取り上げました。Carelyによる従業員の健康相談対応や、人事担当からの相談に日々対応しているメディカルスタッフが、少しでも導入企業のメンタルヘルス対策が改善できるよう、具体的な対応ポイントについて解説しました。

【主な内容】
・メンタルヘルス不調の症状
・在宅勤務者の不調に気付くポイント
・管理職/人事労務/産業保健スタッフ 立場別の対策ポイント
・メンタル不調者へのCarelyでの対応フロー/メディカルスタッフとの連携

【勉強会「ユーザー会」について】
Carelyのカスタマーサクセスチーム、開発チームを中心に導入企業の健康管理担当・産業看護職向けに毎月実施している勉強会です。業務の改善・向上に役立つ知識やCarelyの理解・活用に役立つコンテンツを提供している他、参加企業からは他社の事例を知る機会としても評価されています。

■Carelyでできるメンタルヘルス対策

・ストレスチェックの活用
従来の57の設問に加え、新たに追加された12カテゴリー(生産性/睡眠/食事/運動/コミュニケーション/健康/仕事/自己啓発/働き方/住居/家計・保険/コロナ)を活用することで、より立体的に変化・兆しを捉えることが可能になります。その他、企業のニーズに合わせて設問を追加が可能です。

・連絡帳機能の活用
一人ひとりの従業員データに紐づいており、個人情報に留意しながら産業医や人事担当との連携に活用できる機能です。Carelyのメディカルスタッフが対応が必要だと判断される従業員と定期的にコンタクトを取り記録をとっていくことで、産業医は状況のモニタリングし、必要に応じた支援を行なっていくことができます。

Carely編集部メンタルヘルス関連記事
人事向けメンタルヘルス対策セミナー

【株式会社iCAREについて】
現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。「働くひとと織の健康を創る」をビジョンに掲げ、複雑で煩雑な健康管理をシンプルでカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。


 


関連記事

執筆・監修

  • Carely編集部
    この記事を書いた人
    Carely編集部
    「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、日々企業の現場で従業員の健康を守る担当者向けに、実務ノウハウを伝える。Carely編集部の中の人はマーケティング部所属。

お役立ち資料

  1. Carelyの活用で健康経営優良法人を攻略する
    認定企業数が増え続けている健康経営優良法人。 変化の激しい現代では、コロナウイルスへの対応項目やSDGsへの取り組み項目など、新しい項目が続々と追加されています。 そんな中、毎年取得し続けなければいけない健康経営優良法人にプレッシャーを感じていませんか? 今回は、健康管理システム「Carely」を使って、健康経営優良法人を効率的に取得する方法をお伝えします。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  2. 第8回健康経営サミット – 録画配信 –
    本セミナーでは実際の健康経営度調査をもとに、 項目変更の背景理由、中長期視点で抑えるべきポイントについて解説します。
    資料をダウンロードする
  3. 第7回健康経営サミット – 録画配信 –
    今回の健康経営サミットでは、人事通算歴13年、現在は人事コンサルタントとして活躍する金丸 美紀子氏をゲストにお迎えし、
    組織がいま取り組むべき健康経営について学びます。
    資料をダウンロードする
  4. Carelyサービス資料
    健康管理システムCarelyの大企業向けサービス資料です。 Carelyは産業保健スタッフや人事労務の実務担当者の方が抱える、健康診断、ストレスチェック、過重労働等の健康データを一元管理し、効率的に実施する仕組みづくりをサポートします。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  5. 第6回 健康経営サミット – 録画配信
    本セミナーは、株式会社サイボウズ、株式会社iCAREの共催で行います。
    資料をダウンロードする
  6. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  7. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  8. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  9. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  10. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  11. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  12. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  13. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  14. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  15. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  16. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  17. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  18. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  19. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  20. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする