産業看護職の4人に一人、のべ3,000人が参加!iCARE主催の産業保健プチ講座が好評

2021年5月25日 更新 / 2021年5月25日 公開
プレスリリース

クラウド型健康管理システムCarely(ケアリィ)を開発・提供する株式会社iCAREは、産業保健の知識・スキルの習得機会と、産業看護職の価値向上を目的に、2020年11月より産業看護職向けの無料のセミナー・勉強会を開催しています。2021年5月20日現在、のべ3,000人、産業看護職の4人に一人が参加しています。また、参加者にのiCAREの好感度ヒアリングを行ったところ、83%が「好き」、17%が「どちらかというと好き」と評価する結果となっています。

■ 産業看護職が抱える業務上の課題

企業で働く保健師や看護師は産業看護職と呼ばれ、産業医と連携しつつ、職場の労働安全衛生・健康管理のために人事労務や労働者と直接関わって業務を実行していく役目を担っています。保健指導一つとっても、健康診断の受診勧奨や、結果に応じた生活改善のアドバイスなど多岐にわたり、労働者の実行を促すために日々様々なアプローチを試しながら労働者の健康面をサポートしています。

昨今の企業の健康管理において、産業看護職の果たす役割は一層大きくなっていますが、一方で産業保健の実務についての学習機会が非常に限られている現状があります。また、医療機関で経験を積んでいたとしても、民間企業で働く上でビジネススキルやマナーを習得していくことも求められます。他には、長期化するテレワークの影響による労働者の健康課題への取り組みや、健康管理業務においてオンラインツール活用など、コロナ禍ならではの問題や環境の変化への適応に苦戦している現場の実情が見受けられます。

■ 完全無料!「産業保健プチ講座」とは

iCAREでは産業看護職が抱える産業保健についての学習機会の提供ならびにビジネスマナー・スキルの習得によるキャリア支援を目的に、各種講座や勉強会を主催しています。企画・運営は、iCAREに多数在籍している医療や健康教育の現場での経験、産業看護職としての実務経験のある社員が行なっています。同じようなバックグラウンド・経験があるからこそ、現役の産業看護職の悩み・課題に寄り添い、なおかつ実践に落としやすい知識・ノウハウの学習機会のサポートが可能になっています。

各種テーマは産業保健の経験年数別に設定しており、産業保健ビギナー(1~3年程度)からベテラン(10年以上)まで幅広い参加を実現しています。平日の夕方開催、1回あたりの所要時間は10分程度に収めていることも参加者に支持されている理由の一つです。

他には、ベテランの産業看護職を講師に迎え、産業看護職の新人向けのキャリア講座を開催したり、テレワークや在宅勤務社員への対応、オンライン会議ツールを活用した従業員とのコミュニケーション方法など、コロナ禍ならではの業務の課題に着目したテーマも扱っています。

参加者には、チームで業務を分担している大企業の方から、ひとり職場で業務に奮闘している企業の方がいて、他社の事例を知る機会や共感のコミュニティとしての機能も果たしています。

【過去に実施した講座の一例】
・産業保健プチ講座「新入社員のフォローアップの基本〜産業保健1~3年向け〜」(全4回)
・産業看護職のしごと術6 「デザイナー直伝!PPTのわかりやすい資料作成〜」

■ 参加者のコメント

講座や勉強会の参加者を対象にiCAREの好感度調査を行ったところ、2021年5月時点で83%が「好き」、17%が「どちらかというと好き」と評価する結果となっています。

【コメントを一部抜粋】(産業保健の経験年数)
・無料でここまで教えて頂けて、本当にありがたいです。また、あまり営業をされないのもありがたいです。(3年未満)

・一人職場や少人数での職場では、いろいろな意見や考え方に触れることはできません。インタビューや面談のロールプレイなどを見ることで新たな気づきを得ています。後輩にも共にレベルアップできればと勧めたりしています。(10年以上)

・地方でなかなか産業保健の最新情報を得られない環境下ですので、オンライン動画などいつも楽しくまた、ありがたく観させていただいております。(3年未満)

・子育て中でずっと勉強できてなかったけど、さんぽむら(※)のセミナーを見つけて久しぶりに自己研鑽の時間が取れました。(10年以上) 

・業務に追われている中で、ふと自分のやり方を考えるきっかけをくれるので助かっています。また、とても忙しい時は見れなくても後で見ることができる仕組みにも助かっています。(3年以上〜10年未満)

※「さんぽむら」とは、iCAREが運営する産業看護職の価値創出を支援する場のことです。これまで主催してきた勉強会やセミナーなどがその活動の一環です。

■今後の開講予定と参加方法

詳細・申し込みは各サイトを参照ください。

・第2回プチ講座 「先輩産業保健師に聞く!〜テキストカウンセリングのコツ〜」
2021年5月27日(木)18:00〜18:10 (動画配信)
詳細:https://www.carely.jp/event/sangyohoken_puti_koza_may2

・産保ナースリアルトーク「多拠点・多職種含む担当従業員1,000名以上の大企業で活躍する産業保健師2名の体験談」
2021年5月27日(木)19:00〜20:00 (Zoomを使用)
詳細:https://www.carely.jp/webinar_20210527

【株式会社iCAREについて】
現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。「働くひとと織の健康を創る」をビジョンに掲げ、複雑で煩雑な健康管理をシンプルでカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。

関連記事
{{ toc.expandAside ? '閉じる' : '記事の目次' }}

お役立ち資料

法令遵守や健康経営、働き方改革の実践ノウハウなど、
無料でダウンロードして今日からご活用いただけます。

  1. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  2. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  3. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  4. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  5. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  6. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  7. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  8. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  9. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  10. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  11. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  12. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  13. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  14. 上場企業の常識になった、衛生計画の上手な立て方
    人事や専門家(産業医や保健師)がチームとして健康管理に取り込むためのツール「衛生計画」の実務的な作業方法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  15. 健康管理検定〜初心者担当者レベルアップ編
    人気セミナーをシリーズ化。「健康管理はやっぱりなしでも全部はできない」で悩んでいる労務・総務担当へ実務のコツを紹介します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  16. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  17. メンタルヘルス対策と健康経営への活用
    これまで注目されてこなかったストレスチェックの集団分析を通して、 見えにくい従業員の健康課題をデータから客観的に表します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  18. 健康診断・健康情報をペーパレス化した失敗事例と成功のコツ
    バックオフィスのDXが進む中、健康情報の個人情報保護の関係で ペーパレスが遅れています。正しいペーパレス事例を紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  19. 脱,やりっぱなしのストレスチェック
    高ストレス者の対応だけで終わらせるのはもったいない 生産性をのばす科学的分析と実務のコツを30分で解説
    調査レポート
    資料をダウンロードする
  20. 見逃し配信 / 第1回 健康経営サミット
    健康経営のきっかけ作りのためには、外部の専門家を巻き込むことは有効な手段です。金の認定を取得した企業の産業医が実例をもとに解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする