Carely、大手企業向けに「安全衛生管理者用メニュー」を提供開始

2020年12月1日 更新 / 2020年12月2日 公開
製品情報

管理機能を本社に集約している大手企業の支社・支店では、労働安全衛生法によって定められた「安全衛生管理者」を、従業員の健康管理を主業務としない社員が担当することがあります。この場合、安全衛生管理者が必要以上に健康情報にアクセスできないようにすることは、個人情報保護の観点から重要な運用です。

このたび、クラウド型健康管理システムCarely(ケアリィ)を開発・提供する株式会社iCARE(https://www.icare.jpn.com)は、大手企業向けに「安全衛生管理者用メニュー」の提供を開始しました。

事業場ごとに選ばれる安全衛生管理者

企業の健康管理について規定されている労働安全衛生法では、従業員数50名を超える事業場(オフィスや店舗・工場など)には安全衛生管理者を選任することが義務付けられています。(参考:厚生労働省「衛生管理者について教えて下さい」

安全衛生管理者には仕事が原因の病気や怪我を防止するために、以下のような定期的な業務を産業医と連携しておこないます。

  • 衛生委員会の開催・運営(毎月)
  • 衛生委員会の議事録・従業員への掲示(毎月)
  • 職場巡視の記録(毎週)
  • 産業医面談における事務的補助(随時)

健康管理の徹底と個人情報保護のバランス

多くの企業において安全衛生管理者は、従業員の健康管理を主業務とする人事労務や産業看護職が担います。しかし管理機能を本社に集約している大手企業では、支社・店舗における安全衛生管理者に健康管理を主業務としない担当者が選ばれるがあります。

従業員の健康情報は個人情報ですので取扱には十分な配慮が必要です。健康診断の個人票・ストレスチェックの結果・過重労働状況や産業医面談の記録などが個人情報にあたります。

たとえ安全衛生管理者であっても、健康管理を主業務としない担当者の場合には健康情報へのアクセスを制限する必要があります。そのため支社・店舗における安全衛生管理者は健康管理システムを利用することができず、文書作成ソフトやメールによる情報共有が強いられていました。

このような二重管理では、業務が煩雑になるだけでなく情報の漏洩リスクも高まることが問題です。

Carelyは、見やすい書きやすい画面設計で記録モレを防ぐ

今回、健康管理システムCarelyで提供を開始した「安全衛生管理者用メニュー」では、従業員個人の健康情報にはアクセスせず衛生委員会の議事録や巡視記録をつけることが可能です。

これらの記録は労働安全衛生法の義務であるとともに、産業医や人事労務にとっては事業場の職場環境を把握する上で欠かせない情報です。抜け漏れなく情報を記載することが求められるため、Carelyでは見やすく書きやすい画面設計になっています。

今後もCarelyでは、バラバラに保管されている健康情報を安全にまとめてデジタル管理するための機能アップデートを続けてまいります。

関連記事
{{ toc.expandAside ? '閉じる' : '記事の目次' }}

お役立ち資料

法令遵守や健康経営、働き方改革の実践ノウハウなど、
無料でダウンロードして今日からご活用いただけます。

  1. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  2. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  3. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  4. 上場企業の常識になった、衛生計画の上手な立て方
    人事や専門家(産業医や保健師)がチームとして健康管理に取り込むためのツール「衛生計画」の実務的な作業方法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  5. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  6. 健康管理検定〜初心者担当者レベルアップ編
    人気セミナーをシリーズ化。「健康管理はやっぱりなしでも全部はできない」で悩んでいる労務・総務担当へ実務のコツを紹介します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  7. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  8. メンタルヘルス対策と健康経営への活用
    これまで注目されてこなかったストレスチェックの集団分析を通して、 見えにくい従業員の健康課題をデータから客観的に表します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  9. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  10. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  11. 健康診断・健康情報をペーパレス化した失敗事例と成功のコツ
    バックオフィスのDXが進む中、健康情報の個人情報保護の関係で ペーパレスが遅れています。正しいペーパレス事例を紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  12. 脱,やりっぱなしのストレスチェック
    高ストレス者の対応だけで終わらせるのはもったいない 生産性をのばす科学的分析と実務のコツを30分で解説
    調査レポート
    資料をダウンロードする
  13. 見逃し配信 / 第1回 健康経営サミット
    健康経営のきっかけ作りのためには、外部の専門家を巻き込むことは有効な手段です。金の認定を取得した企業の産業医が実例をもとに解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  14. 見逃し配信 / プレ健康経営サミット
    「従業員の健康を第一にする」というのは、実は健康経営ではありません。企業の事業戦略に基づいた、「本質的な健康経営」を紐解きます。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  15. 見逃し配信 /2020年上半期、400社の人事による企業の感染症対策 調査レポートを読み解く!
    長引くテレワーク、オフィスでの対策により新たな健康障害も報告されています。人事が取り組むべき健康管理を提言します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  16. 組織サーベイを、ストレスチェックからはじめる理由
    離職防止・生産性向上・健康経営を目的に広がる組織サーベイ。手軽に、そして効果的にはじめる健康情報の分析方法を30分で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  17. 見逃し配信 / 人事が対策できる!メンタルヘルス 3つの新常識
    テレワークによって、見えづらくなった従業員のメンタルヘルス対策を解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  18. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  19. セミナーレポート / 2020年の健康診断、正しくスムーズに解決する。
    企業としてどのように対応するのが法的に正しく、そして効果的な健康管理につながるのか?本書は8月に実施したセミナーのレポートです。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  20. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする