TBWA HAKUHODO、健康管理システム「Carely」を導入し、業務効率化と健康フォロー体制の構築を実施

2020年11月9日 更新 / 2020年11月4日 公開
導入リリース

〜操作性の高いUI/UXデザインや機能に対してのコストパフォーマンスを評価〜

株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:山田洋太)は、TBWA HAKUHODO(本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO:今井明彦)が、クラウド健康管理システム「Carely(ケアリィ)」を導入し、従業員約300名を対象に、2020年10月より運用を開始したことをお知らせします。

「Carely(ケアリィ)」サービス概要

Carelyは、人事労務担当者や産業保健スタッフが行う健康診断・ストレスチェック・長時間労働などの健康労務をクラウド上で一元管理できる健康管理システムです。

バラバラに保管されていた健康情報を集約させることで、自動で組織分析を行えたり健康リスクの高い従業員がサジェストされるなど、健康労務にかかる工数を大幅に削減します。

また健康管理のペーパーレス化をセキュアに実施し、人事労務担当者のデジタル・トランスフォーメーションを実現します。

TBWA HAKUHODO、導入の背景

TBWA HAKUHODOは、健康診断をはじめとした健康管理業務の効率化を実現するため、Carelyの導入を決定しました。操作性の高いUI/UXデザインや機能に対してのコストパフォーマンスが評価されました。

■具体的な利用内容

・健康診断結果のデータ管理
・自動で分析された健康高リスク者への自動フォロー機能
・連絡帳機能を活用した専門家との連携
・従業員のオンライン健康相談窓口

健康管理業務の効率化と社内のフォロー体制の構築により、健康経営の推進を実施してまいります。

【Carelyについて】
従業員の健康を守る労務管理を効率化するクラウドサービスです。バラバラに保管されている健康診断やストレスチェック、過重労働、面談記録などの健康情報をクラウドで一元管理し、人事労務担当者の業務効率化と健康管理の法令遵守を両立します。
Carelyの詳細はこちら

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE 広報担当
TEL: 03-6416-1904
E-mail: info@icare.jpn.com

関連記事
{{ toc.expandAside ? '閉じる' : '記事の目次' }}