Carely、ストレスチェック部署別比較機能をリリース 〜健康管理に関するリスク全体が可視化できるように〜

2020年11月11日 更新 / 2020年11月11日 公開
製品情報

株式会社iCARE(https://www.icare.jpn.com/)は、法人向け健康管理システム「Carely(https://www.carely.jp/)」の開発・提供を行っています。このたび機能アップデートにより、ストレスチェック結果の部署別比較ができるようになりました。

この機能によって人事担当者・産業保健スタッフは、各部署の生産性や社内エンゲージメント、職場環境や対人関係、働きがいや上司・同僚・家族のサポート状況をひと目で把握できるようになります。

ストレスチェック部署別比較機能 概要

この機能では、ストレスチェック57項目の回答から出てくる分析結果を、各部署ごとに当てはめて見ることができるようになります。Carelyでストレスチェックを行うことで、テレワーク下での組織状況を確かめることができたり、改善施策の優先順位を決めやすくなります。

部署別比較機能:各項目ごとのワーストランキング

健康管理ダッシュボードが完成しました!

Carely の健康管理ダッシュボードに、健康診断・ストレスチェック・残業時間管理ごとの部署別比較機能が揃いました。これにより人事担当者・産業保健スタッフは、自社の健康管理に関するリスク全体が可視化できます。

企業の健康管理では、健康診断・ストレスチェック・残業時間管理での異常者および異常部署から優先的に措置を行う「ハイリスクアプローチ」が基本とされています。しかしながら、ハイリスクの従業員・部署を見つけ出すまでに多大な工数と時間がかかっているのが、多くの企業の現状です。

人事担当者・産業保健スタッフは、Carely 健康管理ダッシュボードを活用することで、コロナ禍における健康管理を、手軽で迷うことなく進められるようになります。

部署別比較機能:健康診断項目ごとのワーストランキング
部署別比較機能:残業時間ワーストランキング
健康管理ダッシュボード ホーム画面

Carelyの導入企業を見る

【Carelyについて】
企業の健康管理を効率化し、従業員の健康から発生する労務リスクを可視化するクラウドサービスです。健康診断・ストレスチェック・長時間労働対策といった健康管理をクラウドで一元管理し、人事労務担当者・産業保健スタッフの業務工数を大幅に削減することで、手応えのある健康経営を手軽に実現します。
Carelyの詳細はこちら:https://www.carely.jp/

【株式会社iCAREについて】
現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。「働くひとと組織の健康を創る」をビジョンに掲げ、複雑で煩雑な健康管理をシンプルでカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE 広報担当
TEL: 03-6416-1904
Mail:pr@icare.jpn.com

{{ toc.expandAside ? '閉じる' : '記事の目次' }}