運転手の健康をトータルサポート 運輸・物流特化型健康管理システム caraly

高齢ドライバーを雇用 する運輸・物流企業の 健康管理に完全対応
資料ダウンロード
はこちらから

運輸・物流企業の職場で
よく起こっている課題

  • Excelと紙の二重管理で業務が複雑に
  • 多忙のあまり要対応のドライバーが野放しに
  • 睡眠時無呼吸検診後も病院受診率が低い

運輸・物流企業に求められる
トータルサポートの
3ステップ

  1. STEP1可視化
  2. STEP2抽出
  3. STEP3改善措置
  1. 健康診断の受診やストレスチェック、残業時間を集約します。
    怠った場合
    健康意識と安全管理の低い会社に思われて、ドライバー採用に悪影響が出ます。
  2. 従業員の中から健康異常の疑いがある職業ドライバーを抜き出します。
    怠った場合
    労働安全衛生法を満たしてはおらず、法令違反になります。
  3. 健康異常や睡眠時無呼吸の疑いを持つ職業ドライバーの改善を図ります。
    怠った場合
    健康異常の状態では事故発生リスクが倍増します。
詳細資料をまとめて
ダウンロードする(無料)

健康が原因の事故や法令違反を回避しませんか?健康管理システム「Carely」なら、最小工数で課題を解決します。

健康管理システム Carely
できること

可視化
健康診断・ストレスチェック・長時間労働・睡眠時無呼吸対象者アンケートの結果が、すべてデータで一元化される
抽出
労務リスクの高い健康異常者が自動判定されて抽出される
改善措置
産業医・保健師が事後に行う改善措置の対応進捗が管理できる

病院受診率が、
ドライバーの事故リスクを
解決
します。

病院の受診がCarelyの睡眠時無呼吸検診により33%から60%に向上
Carelyの睡眠時無呼吸検診により事故リスク減少

健康管理システムCarelyによる
睡眠時無呼吸症候群の効果

A社事例(自家トラック)
  • 睡眠時無呼吸疑いあり・簡易検査 60名
  • アプローチ必要人数 21名
    (要治療 11名・要精密検査 10名)
  • 病院受診人数 13名
    (受診予約 9名・主治医相談 4名)
病院受診率
61.9%
B社事例(貸切バス)
  • 睡眠時無呼吸疑いあり・簡易検査 15名
  • アプローチ必要人数 5名
    (要治療 3名・要精密検査 2名)
  • 病院受診人数 4名
    (受診予約 3名・主治医相談 1名)
病院受診率
80.0%
Carelyで健康管理が
効率化した事例を読む(無料)

手を焼いている運転手の健康管理がサクッとおわる。運輸・物流に特化した健康管理システムの事例をご紹介します。

ご利用料金の見積もり例

Carelyのご利用料金は、従業員数・ドライバー数によってお見積りが変わります。
また、労務の工数削減のため「健康診断の予約サポート」を含むプランもご用意しました。

従業員数:{{ estimate.basic.planEmployee }}人
ドライバー:{{ estimate.basic.sleepEmployee }}人

  • 保健師による健康相談窓口
  • ストレスチェック実施
  • 睡眠時無呼吸検診

従業員数:{{ estimate.plus.planEmployee }}人
ドライバー:{{ estimate.plus.sleepEmployee }}人

  • 保健師による健康相談窓口
  • ストレスチェック実施
  • 健康診断の予約サポートおすすめ
  • 睡眠時無呼吸検診
  • Carely {{ estimate[selectEstimate].planName }}
    {{ estimate[selectEstimate].unitPrice | comma }}円 x {{ estimate[selectEstimate].planEmployee }}
    (※全従業員が対象)
  • SAS オプション
    {{ estimate[selectEstimate].sleepPrice | comma }}円 x {{ estimate[selectEstimate].sleepEmployee }}
    (※ドライバー対象)
  • 年間総額
    {{ annualTotalPrice | comma }}
お支払い月額(税抜)
{{ monthlyTotalPrice | comma }}