毎年ハンザツな事後措置、クラウドが解決します。

健康診断の業務効率化

ペーパレス化でアナログ業務をカンタンに
資料ダウンロード
はこちらから
  • 従業員数50~299
  • 従業員数300~999
  • 従業員数1,000名〜
Carelyは490社を超える企業さまにご導入いただいています。

人事・産業看護職が抱える事後措置の悩み

健康診断は従業員に受診させるだけでは終わりません。
健診結果の受け取りからはじまる紙と手入力のハンザツさに、お困りではありませんか?

就業判定・紙とEXCEL管理・健康経営

そんなお悩みを、
健康管理システムCarelyが解決します。

資料ダウンロードはこちら

機能詳細・見積りにもお答えします。

健康管理システムで
ここまで時短に

複雑で煩雑な業務もCarelyでまとめて管理すると
こんなにラクラクに!
ペーパレス化と効率化システムによって
人事・産業看護職のやりたいをサポートします。

従来の業務時間5100分に対し、Carely導入後は650分で87%削減

健康診断管理が
人事・産業看護職から
選ばれる理由

  1. 健診結果のデータ化まで
    おまかせ

    複雑な事後措置も、すべてCarelyで。健康診断業務全般をスムーズ に、安全に実施します。

    対応可能な事後措置

    • 健康診断結果のデータ化
    • 有所見者の自動抽出
    • 労基署報告に必要な数字を事業場ごとに自動集計
    • 産業医の就業判定
    • など
    健診結果のデータ化までおまかせ
  2. 拠点が多い企業でも
    本社でスムーズに管理

    支社や工場などの事業場ごとの管理者を設定できるので、各地の産業医・産業看護職の活動状況をリアルタイムで情報共有できます。

    管理できる業務や記録

    • 面接指導の予約・実施記録
    • 再検査対象者への受診勧奨
    • 雇用時健診・特定健診の受診管理
    • 衛生委員会・職場巡視の記録
    • など
    拠点が多い企業でも本社でスムーズに管理
  3. クラウドだから実現できる
    低コストでの導入

    Carelyはクラウド型のため、オンプレミス型では必要な運用・保守のための人件費が不要です。導入期間を短縮できるため、圧倒的に安価な導入コストを実現。年間100回以上のアップデートで法改正にも無償で対応します。

    クラウドだから実現できる<br>低コストでの導入
  4. 強固なセキュリティと
    自動バックアップ

    Carelyは国際的なセキュリティ基準であるISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認定を取得し、二段階認証やIPアドレス制限、SSO(シングルサインオン)を導入しております。クラウドサーバは公的機関も利用する高いセキュリティと信頼性のあるAWSを利用。また、データベースのデータは常にバックアップされており、人的ミスでも復旧することが可能です。

資料ダウンロードはこちら

機能詳細・見積りにもお答えします。

の活用ステップ

Carelyは、あなたの会社の課題・フェーズに
合わせた活用が可能です。

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4

健康情報の一元管理

健康情報を集約し管理がラクに /
個人ごとに情報をまとめ検索性◎

企業の健康情報は、すべてCarelyに格納可能。バラバラになっていた紙やExcelがまとまってスッキリ。

業務効率化・仕組み化

未受診者やハイリスク者を自動抽出 /
クラウドだから情報連携もカンタンに

人事の健康管理にかかる業務工数が、約75%削減可能。健康管理の質を高めつつ、企業のコストカットに貢献します。

健康状態の可視化

組織単位での健康状態を可視化 /
経年比較までカンタンに可能

組織単位の健康状態も、定量的に自動算出。経年変化まで確認できるので、健康経営のPDCAの土台を築きます。

健康経営施策の実現

分析レポートをCarelyが作成 /
定量的分析に基づいた健康経営施策

Carelyに入っている健康情報を専門家がデータ分析し、あなたの会社に最適のヘルスケアソリューションを提案します。

資料ダウンロードはこちら

機能詳細・見積りにもお答えします。

よくある質問

特殊健診の結果管理にも対応していますか?
特殊健康診断や有害業務など、管理項目のカスタマイズにも対応しています。詳しくはお問い合わせください。
システムの導入はどのくらいの期間が必要ですか?
通常1~2ヶ月で導入が完了します。担当スタッフがヒアリングを行い、よりニーズに合ったシステム活用を行うことが可能です。
現在の健康管理業務の運用フローをそのままシステム移行できますか?

すべてが現状のまま移行できるわけではありませんが、必要な健康管理業務が問題なく実施できるようにサポートいたします。

すでにシステム利用をしている方
現在のシステム利用における業務の課題をヒアリングし、負担のない業務フローを実現します。
システム利用が初めての方
コンプライアンスの徹底、業務効率化に向けた、より良い業務フローをご提案いたします。
法改正の際は対応してもらえますか?

はい。クラウド型のため、システム改修の手間なく自動的に更新されます。定期的なアップデートをしており、年間100回以上アップデートが実施されています。

追加コストが導入後にかかるケースはありますか?

通常の利用料金は、導入時の初期費用と月額費用(従業員数に応じて変動)となります。

法改正による改修については、追加コストなしで利用可能です。

その他、過去データ(健康診断の結果や面談記録)の移行については別途お見積りいたします。

まだ社内で話を共有しておらず、個人的に検討している段階なのですが。

健康管理システムの導入検討は、長期(半年〜2年)に及びます。

選定基準としてはまず、実務担当である保健師・人事の方にとって使いやすいかどうか?が大切かと思います。

お電話とパソコンがあれば、実際のシステム画面の使い勝手を体験していただけます。ご希望の方は資料ダウンロードにすすんでください。

資料ダウンロードはこちら

機能や利用事例を詳しく解説します。