産業保健師向け
2021年10月28日 更新 / 2021年10月28日 公開

【後編】人事との協働がカギ!時代のニーズを捉えてキャリアを再考する『変わっていく時代のニーズにどう対応するか』

独立産業保健師として活躍中の後藤みずえ氏と、iCARE代表取締役CEO 山田洋太が『人事との協働がカギ!時代のニーズを捉えてキャリアを再考する』をテーマに前後編に分けて対談を行いました。前編では『バランス感覚の重要性』をキーワードに対談を行いました。引き続き後編では『 変わっていく時代のニーズにどう対応するか』をキーワードに対談を行います。

新しい情報を仕入れるアンテナ

山田
山田
前半に引き続きよろしくお願いします。後編では『 変わっていく時代のニーズにどう対応するか』をキーワードにお話を進めていただければと思います。

時代が変わるとこれまでの王道の働き方に変化/応用を加えていかないといけないと思うんですよ。
後藤さん
後藤さん
それができなければ時代のニーズに応えられなくなりますしね。
山田
山田
ニーズって仕事で使う道具にも及ぶ場合もありますよね。
例えば企業から「データのやり取りはクラウドでお願いします」って言われた時、「紙でしかできません…!」ってなったら仕事にならない。後藤さんは新しい情報や方法論をどのように仕入れてますか?
後藤さん
後藤さん
新しいことはTwitterなどのSNSに散らばっています。ただ情報の出処が民間の場合もあるのでチェックする必要がありますが。やっぱり頼りになるのは信頼の置ける学会、組織が発刊する機関紙ですね。定期購読してます。ちゃんとした人たちが書いた言語表現に触れておくのは大事かと思って。
山田
山田
どのような種類の機関紙を定期購読されていますか?
後藤さん
後藤さん
まずは自分のメインになる産業保健師に関するもの。それだけだと偏ってしまうので公衆衛生学会、日本公衆衛生看護学会も併せて目を通しています。さらに取引のある企業の人事/総務の方にお願いして労政時報も読ませていただいてます。
山田
山田
僕も色々な機関紙を家に届くようにしてるんですよね。届くと一通りパーっと見る。自分の興味あるとこだけ読んで終わるんだけども。それだけでも大体の時代の流れって見えますよね。
後藤さん
後藤さん
うんうん、興味がある所が出てきたら更に深堀りすればいいですしね。
山田
山田
後藤さんが自身のメイン以外の事柄もチェックしているのは素晴らしいですね。労政時報って後藤さんの専攻から離れていると思っていて。そこをチェックしようと思ったきっかけは?
後藤さん
後藤さん
我々がサービスを提供する上で主役ってやっぱり「企業」です。その主役たちが「何を考えているのか」「何に困っているのか」を知りたかったんです。面白いですよ。時間があるとずっと見ちゃいます。
山田
山田
専門家の皆様は後藤さんのように踏み込んでもらいたいです。

王道を学び、本質を知る必要がある

山田
山田
時代のニーズは常に変わりますが、やっぱり王道って凄く大事だと思うんですよね。
後藤さん
後藤さん
王道って普遍的なものですからね。もしかしたら今の私に最も影響を与えてるのは大学院修士課程で学んだ王道だと思います。王道って根本/本質に繋がるじゃないですか。根本/本質を考えられないと提供するあらゆるサービスを適切に運用できないと思います。いつでも根本に立ち返るために手元に公衆衛生看護学の教科書を二冊置いてます。王道に立ち返ることができるからこそ、顧客からのニーズ/デマンドを探っていけます。
山田
山田
王道って顧客から寄せられる「Why」に応えるためにも必要ですよね。例えば健康診断を開催する場合、専門家はしっかりと「なぜやるか」を答えられる必要があります。「法律で定められているから」って答えて欲しくないんですよね。
後藤さん
後藤さん
あぁ…それをやると苦しさが出るんですよね…。法律で定められているなんて百も承知ですから。深い回答ができないとしっかりした関係性が作れないですよね。
山田
山田
言われた方も凄く残念な顔しますよね・・・。そうじゃなくて、その奥に行って欲しい。もっと具体的な必要性や、効果を話して欲しい
後藤さん
後藤さん
なんか今、リアルな感情が込もってる(笑)。
山田
山田
実際に見たことありますよ。たまたま人事/総務の先輩と後輩の会話を耳にしたんですよ。後輩が先輩に健康診断を行う理由を質問したら「法律に書いてあるから」って答えていて…。後輩が非常に残念な顔をしてたんですよね…!これで「人事/総務の仕事ってつまらない…」って思われてしまったら残念です。
後藤さん
後藤さん
自分の言葉で説明できるようにならなければ、本質には近づけないですよね。だからこそ王道を学び、根本/本質を知る必要がありますよね。

王道を時代に合わせて変化させる

山田
山田
王道も大事なんだけどそれを踏まえてお化粧直しする応用力。「How」って大事だと思うんですよ。
後藤さん
後藤さん
時代のニーズに合わせて王道と呼ばれるノウハウを生まれ変わらせる必要がありますしね。今までに生まれたノウハウは、5年後には変わりますよね?
山田
山田
だいぶ、変わるでしょうね。まず、そのノウハウを作り出したベテランが引退して居なくなっていく。
後藤さん
後藤さん
50代とか60代のベテランの方々が引退した時に、これまでのノウハウをそのまま使うのは難しいですよね。今後を引き継ぐ若手がノウハウをどのようにお化粧直しするのか興味深いです。
山田
山田
「何故それをやる必要があるのか」と言った自問自答を繰り返しながら本質を理解して、時代の変化に合わせるために「How」の力を発揮していくのでしょうね。
後藤さん
後藤さん
多分、私達くらいの世代って頭が固まり始めてると思うんですよね。
山田
山田
僕ら、オーバー40ですものね(笑)。
後藤さん
後藤さん
柔らかい頭を持った若手たちが色々なアイデアを出しながら変化させていって欲しいです。20代30代をもっと応援してやろうよって。
山田
山田
尻拭いは我々がすればいいですしね。若手たちが時代の変化に一番、適応できますからね。
後藤さん
後藤さん
新しい「How」が誕生する可能性もありますしね。どんどん背中を押してあげたいです。時々、蹴るかもしれないけど(笑)。
山田
山田
でもベテランの方々は変化に抵抗ありそうだな(笑)。
後藤さん
後藤さん
何年もかけて作り上げてきた自信があるしね。
山田
山田
もちろん、ベテランの方々が作り上げてきた物にはこだわって欲しいです。本質は変わらないし。
ただ変わっていく時代のニーズへの合わせ方は、20代30代の「How」で生まれ変わらせなきゃいけない。
ベテランの経験と若手の発想がうまく組み合わさると、時代にマッチした強力な取り組みができるんだろうね。
後藤さん
後藤さん
もうこれからは人材も潤沢じゃないですからね。少数で上手くやる方法を考え出さなきゃいけない。若手たちが課題解決を考える時間を作って渡してあげたい。
山田
山田
我々は時の経過と共に最先端ではなくなっていくから。本質を教えたら、若手に託した方が良いと思います。

限界を見極め、自分自身を知る

後藤さん
後藤さん
後は「自分はここまでしかできない」って限界を把握しておく事が大事かな。嘘ついちゃいけない。ここから先は違う専門家に任せるべきだとか。
山田
山田
自分の限界ってどのように定めますか?背伸びして、挑戦することもあるでしょう?
後藤さん
後藤さん
背伸びするときもありますね。背伸びする時は、自分自身と長時間、対話しています(笑)。
山田
山田
「できるから!できるから!私ならできる!」みたいな?(笑)。
後藤さん
後藤さん
ううん、感情だけでは判断しません。「自分がちゃんと責任を持ってできるか」「自分の権限を越えてしまっていないか」「仮に資格は持っていたとしても本当にできるのか」など自分自身と対話を重ねた上で背伸びします。
山田
山田
自分の限界を見定めるため、とりあえずやってみるのはありですか?
後藤さん
後藤さん
自分が責任を取れる範囲ならばいいんじゃないかな。挑戦するときって背伸びしてることを凄く意識しているから案外、上手くいくかもしれないですしね。自分が傷つくのは問題はないですし、私もたくさん失敗もしてます。上手く行かなければ凄く凹むんだけど、そこから始めればいい。
山田
山田
後藤さんが失敗した時のエピソード、聞かせてください(笑)。
後藤さん
後藤さん
セミナー/研修を開催した際に調子に乗ってたから足元をすくわれたことがあります(笑)。
山田
山田
僕も経験あります。セミナーとか研修って準備が全てじゃないですか。慣れてくると、準備を怠るんだよね。そうすると足元を「スコーン!」ってすくわれるんだよね。
後藤さん
後藤さん
そうなんです。大事なところを忘れちゃったりね(苦笑)。でも挑戦した上での失敗だから色々と発見もありました。失敗した原因の振り返りから、自分のできる範囲が把握できますしね。そこで把握した範囲の中で企業から寄せられる新しいニーズに応えていく。
山田
山田
やっぱり経験しながらさじ加減を見ていくんでしょうね。
後藤さん
後藤さん
新しいことにチャレンジしていかないと時代に追いつかなくなっちゃう。ちょっとずつ小さいことから試させてもらうのがいいでしょうね。後は自分がやる意義を説明できないんだったら、取り組むべきことではないのかも。
山田
山田
わかる、意義を説明できないと内容が浅くなるんだよね。
後藤さん
後藤さん
そうそう。ちゃんと入り込んでないので無理が生じるのはよくないですね。こんなところでしょうか。
山田
山田
本日はありがとうございました。

執筆・監修

  • 後藤みずえ
    このテーマを話した人
    後藤みずえ
  • さんぽむら
    この記事を書いた人
    さんぽむら
    さんぽむらは、「産業看護職の価値を高める」コミュニティ。
    スキルアップやキャリアにまつわるお役立ち情報を発信しています。

お役立ち資料

  1. 第7回健康経営サミット – 録画配信 –
    今回の健康経営サミットでは、人事通算歴13年、現在は人事コンサルタントとして活躍する金丸 美紀子氏をゲストにお迎えし、
    組織がいま取り組むべき健康経営について学びます。
    資料をダウンロードする
  2. 第6回 健康経営サミット – 録画配信
    本セミナーは、株式会社サイボウズ、株式会社iCAREの共催で行います。
    資料をダウンロードする
  3. 第8回健康経営サミット – 録画配信 –
    本セミナーでは実際の健康経営度調査をもとに、 項目変更の背景理由、中長期視点で抑えるべきポイントについて解説します。
    資料をダウンロードする
  4. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  5. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  6. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  7. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  8. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  9. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  10. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  11. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  12. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  13. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  14. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  15. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  16. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  17. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  18. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  19. 上場企業の常識になった、衛生計画の上手な立て方
    人事や専門家(産業医や保健師)がチームとして健康管理に取り込むためのツール「衛生計画」の実務的な作業方法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  20. 健康管理検定〜初心者担当者レベルアップ編
    人気セミナーをシリーズ化。「健康管理はやっぱりなしでも全部はできない」で悩んでいる労務・総務担当へ実務のコツを紹介します。
    健康診断
    資料をダウンロードする