産業保健師向け
2021年11月4日 更新 / 2021年10月28日 公開

【前編】人事との協働がカギ!時代のニーズを捉えてキャリアを再考する 『バランス感覚の重要性』

独立産業保健師として活躍中の後藤みずえ氏と、iCARE代表取締役CEO 山田洋太が『人事との協働がカギ!時代のニーズを捉えてキャリアを再考する』をテーマに前後編に分けて対談を行いました。

二人は以前にも『独立産業保健師に聞く「自分らしい価値」を出すには?』をテーマに対談を行っています。
前編では『バランス感覚の重要性』をキーワードに対談を行います。

担当者はバランス感覚を見ている

山田
山田
本日はよろしくお願いします。前半は『バランス感覚の重要性』をキーワードにお話しいただければと思います。

産業看護職って、専門家としての正解に忠実に従いやすいと思うんですよ。だけどその正解をストレートに企業に伝えて上手くいくかというと、多くのケースでNO。そこで企業との折り合いをうまくつけるために重要なバランス感覚を後藤さんにお聞きしたいと思います。
後藤さん
後藤さん
私、バランス感覚は自信あります(笑)。お付き合いのある企業の人事/総務の担当者から「後藤さんってバランス感覚が良いよね」って言っていただいたことがあります。やっぱり担当者はバランス感覚を見ていますね。
山田
山田
素晴らしい(笑)。僕は様々な専門家を企業に紹介してきましたが、担当者から信頼されている方ってやっぱりバランス感覚が優れてます。
後藤さん
後藤さん
企業にサービスを提供する際、やっぱり専門家としては取り組んでもらいたい課題もあります。だけどゴリゴリに押し通そうとすることはしませんね。「少しで大丈夫なので◯◯をできませんか?」と言ったかたちをとることで相手に気づきを与えます。
山田
山田
なるほど。担当者から求められている期待や役割を満たしつつも、上手に課題に気づかせてあげられるように導くんですね。
後藤さん
後藤さん
そうですね。ちゃんと気づかせてあげられていればいいですけど(笑)。

対話でバランス感覚を確立する

山田
山田
企業が専門家の担当できる範囲を把握しきれてない場合って、後藤さんはどのように対応していますか?
後藤さん
後藤さん
それぞれの専門家の役割やできない理由をしっかりと説明します。単に「NO」って回答は良くないです。ニーズがあって聞いてくれただけですしね。それなら理由も伝えたほうが良いと思います。邪険にする必要はないですね。
山田
山田
ニーズって言えば「採用時の不調者を見極めたい」ってオファーって来ませんか?
後藤さん
後藤さん
私のところにはまだ来てないけど。
山田
山田
仮に後藤さんのところに来たらどのように対応しますか?
後藤さん
後藤さん
「意味あるの?」って言ってしまいそう(笑)。
山田
山田
でも顧客からのニーズですよね?
後藤さん
後藤さん
まず理由を尋ねます。採用時に不調者を見極めたいとのことですから、何か現在進行系で課題が発生しているはずですよね。相手の状況を細かく聞いた上で、問題解決できる提案をすることになるでしょうね。単に「NO」って回答では、担当者との適切なバランス関係を維持できませんね。
山田
山田
後藤さんは自身の中心領域の産業保健以外のことでも、寄せられたニーズに対しても対話を重ねていくことで、何らかの方法で応えるですのね。

企業との間のバランス感覚を確立するのに対話って大切ですよね。対話を通して問題の本質に気づきを得ることも。
後藤さん
後藤さん
凄く上手にまとめてくれました(笑)。本当その通りです。じっくりと対話を重ねれば、問題の本質が別にある事を発見することもありますからね。仮に最終的に行き着く場所が代わったとしても確かな満足があると思うんですよね。バランス感覚を養うために対話力は大事ですね。

適切なバランス感覚で距離を保つ

山田
山田
業務中にイラッとすることってありませんか?
後藤さん
後藤さん
ありますよ。「何年、同じことを言ってるんだろう!」とか(笑)。

でも戦いませんよ。もちろん「言わなかったじゃん」って言われるのを防ぐために毎回、担当者にも課題は共有しますけど(笑)。
なぜ、できないのかを対話を重ねて考えます。物事を細かく分けながら課題の解決を考えていけば冷静に対策を立てることもできます。今すぐ取り組まなかったとしても未来は分かりませんからね。
山田
山田
健康行動の指導にもよく似ていますね!例えば糖尿病の方に現状の生活を続けた場合に発生するリスクの説明と、改善方法の提案をします。でも「あれはダメ!◯◯を△△だけ食べなさい!」って押し付けるのではなく、本人がやりたい形で支援していく。説明の上で相手が従わない場合でも、相手の生き方を尊重します。

だけど1年後や2年後とかになるかもしれませんが、相手が気づいてくれて行動変わることもあります。相手の行動変容を諦めないんだけど、諦めるみたいな。一度引いて適度な距離感を持って見守るバランス感覚って大事ですよね!
後藤さん
後藤さん
グレーな感じ(笑)。凄く大事ですね。
山田
山田
相手が戻ってきたときにちょっと気分がアゲアゲになりますよね。「ほら言ったじゃん」って。準備万端だからね。
後藤さん
後藤さん
これどうぞって(笑)。
山田
山田
バランス感覚ってゼロイチじゃないですよね。ただ相反するじゃなく、いつの日か気づいてくれるのを待って一度引いて適度な距離感を持って見守るみたいな。もちろん、必ずしも相手が気づいてくれるとは限りませんが。
後藤さん
後藤さん
本当、その曖昧さ。曖昧さを自分が楽しめるかとか、何か曖昧さに耐えられるっていうか感じなのかな。
山田
山田
そういう意味では期待するけど、期待しないみたいなものですね。押し付けないっていうことですね。
後藤さん
後藤さん
本当に押し付けない。それは健康経営のサポートでも思いますけど、押し付けはデメリットしかない。専門家の分析だからって押し付けちゃうと、あまりハッピーにならないですね。

論理と感情をバランス良く持つ

山田
山田
企業へ提案を出す時って色々なパターンで採用されますよね。全面的に受け入れられる場合もあれば、一部分だけが採用されたり、何も受け入れられなかったり。この違いが何で生まれるか考えることがあります。
後藤さん
後藤さん
まず提案したものそのものが良くなければ相手に「いいね!」って思ってもらえないですよね。担当者が専門家から出す提案をどのような形で受け入れるにしても「良いことだけど、導入するのが大変なんだよね…」というのが彼らの本音だと思います。社内調整もありますし。まずそこを理解する必要があります。
山田
山田
そうですよね。会社を全部、動かすことになりますしね。
後藤さん
後藤さん
担当者は私達が見てるよりより広い分野を担当しなきゃいけないです。社内の根回しも必要ですしね。
山田
山田
その通り!簡単なことじゃないですよね!本当は我々、専門家が頑張るためのエネルギーを担当者に渡してあげないといけませんよね。「大丈夫、私も同席するから!」みたいな。
後藤さん
後藤さん
そうそう(笑)。
山田
山田
やっぱロジカルと、エモーショナルの両方をバランス良く持ってないと、人の心を動かせないですよね。
後藤さん
後藤さん
本当にそうと思います。
山田
山田
担当者を心から応援したい。この想いが最終的に必要になると思います。
後藤さん
後藤さん
もの凄く必要ですよね。人事/総務の中で担当者を務める方って割と良い地位にいるから、弱音を吐けない。でも結果を出さなくてはならない。そんな立場の人の応援できるのって、専門家の私達くらいですよね。
山田
山田
僕は上司がいる場面では、担当者をベタ褒めしたこともありますよ。
後藤さん
後藤さん
あ〜、私も凄くやります!
山田
山田
担当者がその場に居て嬉しくて仕方ないような感じにしちゃう!担当者の評価が高まるようにしてあげますね。彼らは凄く頑張ってますから。でも社内での評価のプロセスは見えない。
後藤さん
後藤さん
彼らのおかげでどれだけ助かってるかっていうのは多分、社内では数値化されないんですよね。だから意図的にお伝えする。嘘はついてないですし。
山田
山田
そう、何回もやる。チャンスがあれば何回でもやる。ここらへんで前半を終わりましょう。

執筆・監修

  • 後藤みずえ
    このテーマを話した人
    後藤みずえ
  • さんぽむら
    この記事を書いた人
    さんぽむら
    さんぽむらは、「産業看護職の価値を高める」コミュニティ。
    スキルアップやキャリアにまつわるお役立ち情報を発信しています。

お役立ち資料

  1. 第7回健康経営サミット – 録画配信 –
    今回の健康経営サミットでは、人事通算歴13年、現在は人事コンサルタントとして活躍する金丸 美紀子氏をゲストにお迎えし、
    組織がいま取り組むべき健康経営について学びます。
    資料をダウンロードする
  2. 第6回 健康経営サミット – 録画配信
    本セミナーは、株式会社サイボウズ、株式会社iCAREの共催で行います。
    資料をダウンロードする
  3. 第8回健康経営サミット – 録画配信 –
    本セミナーでは実際の健康経営度調査をもとに、 項目変更の背景理由、中長期視点で抑えるべきポイントについて解説します。
    資料をダウンロードする
  4. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  5. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  6. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  7. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  8. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  9. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  10. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  11. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  12. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  13. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  14. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  15. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  16. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  17. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  18. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  19. 上場企業の常識になった、衛生計画の上手な立て方
    人事や専門家(産業医や保健師)がチームとして健康管理に取り込むためのツール「衛生計画」の実務的な作業方法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  20. 健康管理検定〜初心者担当者レベルアップ編
    人気セミナーをシリーズ化。「健康管理はやっぱりなしでも全部はできない」で悩んでいる労務・総務担当へ実務のコツを紹介します。
    健康診断
    資料をダウンロードする