IT企業に適した健康管理体制とは/健康経営サミット【アーカイブ配信中】

IT企業に適した健康管理体制とは/健康経営サミット【アーカイブ配信中】のアイキャッチ画像

「従来の健康管理ではカバーできない」

先進的な働き方が広がるIT企業では、法律を守るだけの健康管理では不十分になってきました。エンジニアやデザイナーという職業の特性・フラットな組織構造・外国人社員・若手社員のヘルスリテラシーなど・・・「IT企業特有の健康課題」を効果的に解決する、新たな健康管理体制とは何なのかを現役産業医が紐解いていきます。

健康経営サミットとは

「健康経営」の経営者認知度は8割を超えました。しかし、健康経営に関するノウハウ・実務のコツはいまだ確立されていません。さらにワークスタイルが激変する時代において、守りの部署であった人事労務は健康経営を武器に「攻めの部署」に変わることが求められています。そこで会社と従業員の健康に真正面から向き合ってきたスペシャリストから、健康経営の実務を学べるイベントとして「健康経営サミット」が立ち上がったのです。

登壇者プロフィール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: seminar_220331_kenkoukeiei-summit_002.jpg

金沢大学医学部卒業後、2008年久米島で離島医療に従事。顕在化された病気を診るだけでなく、その人の生活を理解しないと健康は創れないことを知り、経営を志す。 慶應義塾大学MBA修了。 在学中に株式会社iCAREを創業。同時に経営企画室室長として病院再建に携わり、病院の黒字化に成功。 2017年厚生労働省の検討会にて産業医の立場から提言。2018年より同省委員として従事。

セミナー概要

プログラム

第1部
IT企業特有の健康課題と解決策
  • エンジニアやデザイナーの働き方特性
  • 法律が追いついていない領域の健康管理、どこまでカバーすべきか
第2部
優れた健康経営企業は何をしているのか?
  • 健康経営につまづいてしまう担当者5つのタイプ
  • 優良法人2000社のデータから見えた、情報通信業ならではの取り組み
  • 健康経営の目的「採用力の強化」のために、従業員巻き込み3つのポイント

開催期間

6月23日(木)〜9月30日(金)
担当:産業医 山田

申し込み事項

定員
500社
セミナー後に、健康経営の実施状況や健康管理の最新情報についてフォローアップを行います。
参加費
無料
参加・視聴方法
本ページからお申し込み後、視聴用のURLをお送りしますので、URLにアクセスしてください。(インターネットにつながるPC・スマホ・タブレットが必要となります。)
注意事項
本セミナーは、人事労務担当者さま向けのセミナーです。他社様へのご紹介やシステム連携をご希望の方は専用の窓口からお問い合わせください。
セミナーへの参加はこちらから

開催中のWEBセミナー

他社の健康管理ってどうやってるんだろう?
健康管理の法改正情報や企業事例について定期的に開催しています。