CarelySustainableExpo2021開催。参加登録、受付中
ストレスチェックで組織改善
2021年8月25日 更新 / 2019年9月18日 公開

メンタルヘルス研修って必要? 今企業に必要な対策を教えます

管理監督者によるメンタルヘルスケア

近年、メンタルヘルスが重視されるようになってきましたが、メンタルヘルス研修は、もうお済みでしょうか? 必要性が分からないという声も聞こえてきますので、メンタルヘルスの動向を含め考えていきましょう。

メンタルヘルスケアの動向

日本でメンタルヘルスケアが注目を集めるようになったのは、今から30年ほど前の昭和60年(1985年)のことでした。これは、昭和59年2月に過労による自殺が初めて労災に認定されたことがきっかけです。そして、同年にメンタルヘルス研修が開催されました。近年では、平成26年に労働安全衛生法の一部を改正する法律が公布され、翌平成27年には改正労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」に関する省令・告示・指針が出されました。

これらは、社会の情勢や働く環境が変化する中で、労働者がさまざまなストレスを感じ続けることで精神的な負担が次第に大きくなってきたことと関係しています。過重労働や心身に負荷をかけるような長時間労働などは新聞やニュースで新聞やニュースがにぎわったこともありました。

平成27年12月にスタートしたストレスチェック制度の義務化によって、よりメンタルヘルスについて考えられるようになったことは皆さんがご存じのとおりです。厚生労働省の事業場における労働者の心の健康作りのための指針では、

  1. セルフケア
  2. ラインケア
  3. 事業場内の産業保健などのスタッフによるケア
  4. 事業場外資源によるケア

を提唱しています。

お役立ち資料"従業員50人からはじめる健康労務の法令遵守"をダウンロードする
お役立ち資料"従業員50人からはじめる健康労務の法令遵守"をダウンロードする

管理監督者によるメンタルヘルスケア

ラインケア、つまり現場で部下に接する機会の多い管理監督者によるケアは、部下である労働者のメンタルの不調を早期に発見したり防止したりできます。ただ、これは、管理監督者に適切なメンタルヘルス研修が行われていればの話です。管理監督者にメンタルヘルス研修を行うことの必要性を会社としても認識していくことが必要です。

メンタルヘルス研修の必要性

管理監督者は、立場上、日々の業務に忙殺されていることが多々あります。そして、目の前の業務が忙しいために部下のメンタルヘルスにまで手が回らないこともあります。しかし、管理監督者がメンタルヘルスケアの重要性を認識し正しい知識を得た上で部下のケアをすることで、メンタル面での不調者を早期に発見しさらに進行を予防することができれば心の健康を損ねずに済みますが、実際にはメンタルヘルスケアの重要性や必要性が正しく認識されていない現状があります。

心の健康を害することは、本人にも会社にもさまざまな影響をもたらします。心の健康を害した結果のプレゼンティズム、労働環境の悪化、社会的な信用の失墜などは問題が起きてからは遅すぎる真剣に考えなければならない問題ばかりです。ですから、まずは管理監督者に対して、メンタルヘルス研修でどのようなことをするのか、その必要性について認識してもらわなければなりません。

メンタルヘルス研修の必要性を考えなければならないのは、社会的な背景もありますが、企業には安全配慮義務があることも忘れてはなりません。ですからメンタルヘルスケア研修の必要性を考える際には、法律的な観点からの理解も必要です。また、カウンセリングマインドの重要性についても、メンタルヘルス研修で学べるようにしましょう。

メンタルヘルス研修で何をするのか

メンタルへルス研修で重要なのは、管理監督者から部下へのケアに関する部分を特に充実させることです。メンタルヘルス研修では、管理監督者にメンタルヘルスケアの必要性を理解してもらい、上司が部下をメンタル面でケアするための基本的な知識をまずは習得できるようにします。そして、メンタル不調者が出ないような予防対策、メンタル不調者を早期に発見しすぐに対応するためのスキルの重要性を理解するとともに習得してもらいます。

また、近年ではメンタルの不調も場合によっては労災として認定されるようになっていますので、具体的な事例を使って法律を理解したり、グループでケーススタディをしたり、コミュニケーションの取り方を学ぶなど、より実践に直結するメンタルヘルス研修を行う必要性があります。具体的な事例を用いることで、予防方法や対処の際の注意点なども実例をもとに学べます。

さいごに

メンタルヘルス研修の必要性を理解するには、なぜメンタルヘルスケアが重要なのかを知ることが必要です。メンタルヘルス研修の中でもより重視しなければならないラインケアを早期に行うようにしましょう。

執筆・監修

  • Carely編集部
    この記事を書いた人
    Carely編集部
    「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、日々企業の現場で従業員の健康を守る担当者向けに、実務ノウハウを伝える。Carely編集部の中の人はマーケティング部所属。

お役立ち資料

  1. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  2. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  3. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  4. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  5. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  6. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  7. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  8. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  9. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  10. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  11. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  12. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  13. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  14. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  15. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  16. 上場企業の常識になった、衛生計画の上手な立て方
    人事や専門家(産業医や保健師)がチームとして健康管理に取り込むためのツール「衛生計画」の実務的な作業方法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  17. 健康管理検定〜初心者担当者レベルアップ編
    人気セミナーをシリーズ化。「健康管理はやっぱりなしでも全部はできない」で悩んでいる労務・総務担当へ実務のコツを紹介します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  18. メンタルヘルス対策と健康経営への活用
    これまで注目されてこなかったストレスチェックの集団分析を通して、 見えにくい従業員の健康課題をデータから客観的に表します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  19. 健康診断・健康情報をペーパレス化した失敗事例と成功のコツ
    バックオフィスのDXが進む中、健康情報の個人情報保護の関係で ペーパレスが遅れています。正しいペーパレス事例を紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  20. 脱,やりっぱなしのストレスチェック
    高ストレス者の対応だけで終わらせるのはもったいない 生産性をのばす科学的分析と実務のコツを30分で解説
    調査レポート
    資料をダウンロードする