感染症対策でオフィスの安全を証明
2021年8月25日 更新 / 2019年9月20日 公開

ノロウイルスの恐ろしい症状を出さないために…職場でできる5つの予防

ノロウイルスの恐ろしい症状を出さないために…職場でできる5つの予防

ノロウイルスによる胃腸炎といえば下痢と嘔吐のダブルパンチの症状が有名です。こんな恐ろしい病気に感染しないためにも感染経路を知り、対策をしなくてはなりません。

ノロウイルスによる胃腸炎の症状

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の主な症状は以下です。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 38℃程度の発熱

ノロウイルスに感染するといわゆる食中毒と似た症状を伴います。なお、発症前は軽い風邪のような症状があり、健康な成人であれば1日〜2日で後遺症もなく症状が治ります。ですが、免疫力が低い高齢者や乳幼児は、吐しゃ物による窒息や肺炎を起こしてしまうこともあるそうです。

ノロウイルスの感染経路

では次に感染経路についてお話しします。ノロウイルスは11月ごろから流行が始まり、12月〜2月にピークを迎えます。それ以降、春が訪れる頃にはほとんど感染者はみられません。

冬のおいしいものといえばカキですが、ノロウイルスの感染経路のひとつとして、カキなどの二枚貝を食べることが考えられます。ただし、二枚貝からの感染は最近では下がっているそうで、今はヒトからヒトへの感染が、もっとも可能性の高い感染経路と言われています。

  • 感染者の吐しゃ物を処理する
  • ウイルスが混じった吐しゃ物の飛沫や、乾燥した粉塵を吸う
  • 感染者が触ったものに触れる
  • 感染者が作った料理を食べる

ヒトからヒトへの感染はこれらの経路が考えられます。大別すると「接触感染」、「飛沫感染」、そして「飲食物からの感染」の3つがほとんどというわけです。

職場でのノロウイルス対策5つ

ノロウイルスは数10個〜100個程度吸い込むだけでも感染する可能性があり、感染者の体外でも数週間は生きているため感染経路は徹底的に遮断しなくてはなりません。職場では具体的にどういった対策を行えばよいのでしょうか?

1 手洗い

ドアノブや便座など、不特定多数が触れる場所はウイルスがいる可能性が高いですよね。タイミングはトイレのあと、外出後、汚物やゴミの取り扱い後、食品を取り扱う前後などがあります。徹底的にやるとすればトイレ後や汚物の取り扱い後には2度手洗いをすることをお勧めします。特に手首や指の間などは忘れがちなので意識して洗うようにしてください。

また、感染の予防といえば、手を洗う際にアルコール除菌剤やハンドソープを使うのは必須ではありますが、「ノロウイルスの除菌」という面では、あまり効果は期待できません。なぜなら、ノロウイルスはエンペロープというウイルスを覆っている膜がなく、アルコールを使っても死滅させることができないからなのです。ですので、手洗いはノロウイルスの「除菌」というより「菌を洗い流す」という意識で行うと効果的です。

2 職場の清掃

当然、職場の不特定多数が触れる場所をあらかじめ清潔に保つことも大切です。

  • ドアノブ
  • 便座、便器、水洗レバー
  • 手すり
  • ボタンや取っ手
  • 共用の机、椅子、レンジ

などなど…… こうした不特定多数が触れるものに対策が必要です。先ほど「ノロウイルスにはアルコールが効かないと」言いましたが、ちゃんと効果がある除菌剤があります。それは「次亜塩素酸ナトリウム」。消毒の際には次亜塩素酸ナトリウムが含まれている除菌剤を必ず使うようにしましょう。

なお次亜塩素酸ナトリウムを使用できなくとも、ウイルスを拭き取ることはできますので、一概に拭き掃除が無駄というわけではありません。

3 汚物の処理

もしノロウイルスの食中毒を職場で発症してしまい、嘔吐や下痢をしてしまったというとき、あるいは飲食店などで汚物の処理が必要なときは以下のポイントを守りましょう。

  • 感染防止のための服の着用
  • 換気
  • 立入制限
  • 広範囲の清浄
  • 処理後の手洗いうがい

もちろん処理に使う除菌剤は次亜塩素酸ナトリウムです。汚物が飛び散らないように霧吹きは避けて、液体をそっと注ぐようにしてください。

4 食品の加熱

食品取扱者がウイルスを持っていた場合や、調理器具を経由した食中毒の二次感染の対策は以下です。

普通の食品であればノロウイルスは中心温度75℃で1分以上加熱すれば死滅し、二枚貝などのノロウイルスに汚染されている可能性のあるものは中心温度80℃〜90℃を90秒以上加熱すれば安全であると言われています。

5 健康管理

そして何と言っても日頃の健康管理がなければ、ノロウイルス感染の予防を下げることは難しいですよね。

  • 手洗いうがいの徹底……外出、トイレ使用後に
  • 共用トイレの衛生的な使用……使用前には便座クリーナーを使って便座を拭く
  • ノロウイルスに感染したときの正しい対応……症状が出たらすぐに上司に報告

この3つをしっかり守ることが大切です。

執筆・監修

  • Carely編集部
    この記事を書いた人
    Carely編集部
    「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、日々企業の現場で従業員の健康を守る担当者向けに、実務ノウハウを伝える。Carely編集部の中の人はマーケティング部所属。

お役立ち資料

  1. 健康経営優良法人2023 完全ガイドブック
    「健康経営優良法人2023 完全ガイドブック」の冊子をダウンロードいただけます。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  2. 従業員の離職予防のカギは健康データにあり!データを活用した組織改善のノウハウを解説
    本資料では、離職予防につながる健康データの活用方法と担当者が抱える悩みに対する解決方法を知ることが出来ます。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  3. IT企業に適した健康管理体制基本ガイド
    IT企業が健康管理体制を構築する上でおさえておきたい、基本となるポイントをお伝えします。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  4. ストレスチェックを効果的に行うための集団分析の基本を解説
    さまざまなストレス要因が増加する中、担当者にとって組織のメンタルヘルス不調対策は欠かせないものとなりました。 実際にストレスチェックを効果的に活用し、不調を予防する方法を紹介しています。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  5. 健康経営優良法人の攻略ガイド〜調査票の健康管理編〜
    健康経営優良法人取得に向けて、調査票作成という観点で押さえておくことが望ましいポイントをお伝えします。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  6. Carelyの活用で健康経営優良法人を攻略する
    認定企業数が増え続けている健康経営優良法人。 変化の激しい現代では、コロナウイルスへの対応項目やSDGsへの取り組み項目など、新しい項目が続々と追加されています。 そんな中、毎年取得し続けなければいけない健康経営優良法人にプレッシャーを感じていませんか? 今回は、健康管理システム「Carely」を使って、健康経営優良法人を効率的に取得する方法をお伝えします。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  7. Carelyサービス資料
    健康管理システムCarelyの大企業向けサービス資料です。 Carelyは産業保健スタッフや人事労務の実務担当者の方が抱える、健康診断、ストレスチェック、過重労働等の健康データを一元管理し、効率的に実施する仕組みづくりをサポートします。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  8. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  9. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  10. 製造業人事担当者向け/お役立ち資料一括ダウンロード
    製造業の人事労務担当者向けに、調査データや健康管理の基本が詰まったお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  11. 外資系企業人事担当者向け/お役立ち資料一括ダウンロード
    外資系企業の人事労務担当者向けに、調査データや健康管理の基本が詰まったお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  12. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  13. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  14. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  15. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  16. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  17. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  18. 見逃し配信 / プレ健康経営サミット
    「従業員の健康を第一にする」というのは、実は健康経営ではありません。企業の事業戦略に基づいた、「本質的な健康経営」を紐解きます。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  19. 健康管理のデジタル化に、失敗する理由と成功した事例
    2020年春、新型コロナウイルスの流行によりテレワークが余儀なくされました。これまでのアナログな健康管理では、従業員の健康を守ることが難しくなりました。健康労務をペーパレス化して法令遵守を徹底するための企業事例を解説しました。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  20. 従業員50人からはじめる健康管理の法令遵守
    どこまで健康管理業務を徹底すれば、法令遵守になるんでしょうか?労務管理の義務が増える従業員50人を超える”前”から読んでおきたい入門ガイドを産業医が書き下ろしました。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする