過重労働対策を自動化

2019年4月、働き方改革関連法の改正に伴い過重労働(長時間労働)に対する労務管理が厳格化されました。
「うちは残業が少ない会社だから、対策しなくても大丈夫!」
と思っていませんか?

過重労働対策とは、過重労働者が発生してから事後的に対応する業務ではなく、事前に対応策を決めておき毎月実施する労務管理のことを指します。

あなたの会社では従業員の労働時間(残業時間)を勤怠システムによって記録・管理していますよね。そのデータを上手に活用して、過重労働対策としての正しい実務を身に付けていきましょう。

健康労務のメルマガを購読する