Carely 導入企業
2022年7月7日 更新 / 2021年8月16日 公開

危機感強まるテレワーク勤務下の健康管理をCarelyで強化。従業員500人に向けた説明会開催で従業員満足度向上に効果も。

従業員数
595名
業種業態
IT・情報通信業
導入理由
  • 業務効率化
  • 紙やエクセルでのデータ管理から脱したい
  • 健康診断を効率化したい
  • 健康経営を推進したい
  • 会社の健康状態を可視化したい
  • 健康管理体制を一元化したい
  • 休職・離職を予防したい
株式会社インフォマート
株式会社インフォマート 人事・総務部 部長 篠田力矢
インフォマートへ入社して約10年。
当部の役割として、株主総会等の行事・イベントやファイシリティ関連等の総務全般と勤怠、給与、社会保険、安全衛生等の人事労務領域を担っています。
社員の皆さんが困ることがないように日々メンバーと共に職場環境の整備を実行しています。
人事・総務部 主任 長谷川翔一

インフォマートへ入社して約4年。
オフィス内レイアウト変更やオフィス移転などのファシリティ業務全般から、
安全・衛生、テレワーク勤務の環境整備、文書管理、社内イベント企画、
給与業務などを幅広く担当。

企業間電子商取引を行うクラウド型システム「BtoBプラットフォーム」でビジネススタイルの変革をリードする東証一部上場の株式会社インフォマート。Carelyを導入して半年程度経過し、社員向けの説明会を初開催。導入後の成果や今後について伺いました。(取材時期:2021年5月)

テレワーク勤務で健康管理に危機感。Carelyで従業員の健康予防につながる仕組み作りを。

Carely 駒居
Carely 駒居
はじめにCarelyの導入経緯について教えてください。コロナ禍で在宅勤務が増え、従業員の健康面を危惧されたと伺っておりました。
長谷川さん
長谷川さん
はい、テレワーク勤務に切り替わったことでの作業環境の変化が一番の始まりです。自宅にいると運動機会がなくなるだけでなく、当社のメンバーと会う機会が減ったとともに、相談することもなくなり、各メンバーの状況が物理的に見えない状態から危機感を感じていました。そこで健康予防、一次予防ができるような仕組みを検討し始めました。
Carely 駒居
Carely 駒居
そうでしたか。人事側ではこれまでどのような健康管理を行なっていたのでしょうか。
長谷川さん
長谷川さん
従来の健康診断の管理は紙で行なっていました。それ以外にもストレスチェックは他社のサービスで実施していたため二元管理になっており、Carelyという一つのシステムで全ての健康情報が一元化できることに非常にメリットを感じています。他に、労基署の提出や生活習慣病などの高リスク者に対する保健指導など、法令遵守と業務効率化の両面を達成することも導入の目的です。
Carely 駒居
Carely 駒居
有難うございます。導入の際に他のサービスも検討していたそうですが、最終的な決め手はなんだったのでしょうか。
長谷川さん
長谷川さん
他にも検討はしておりましたが、Carelyは圧倒的なコストメリットがありました。あとは私が労務担当でもあるので、弊社で利用している就業管理のシステム連携が可能であるなど、多角的な視点で健康管理ができるツールとして他社より優位だと感じました。
篠田さん
篠田さん
そうですね、コストと機能のバランスがあげられます。お金をかければいいというものでもなく、社員側にも我々人事の部署にもメリットがあってコストもかからないという全てのバランスが一番良かったのがCarelyでした。もう一つは外部連携やストレスチェックの設問数増加など、開発側でどんどんバージョンアップしていく可能性も評価した点です。

社員向け説明会開催後、オンラインチャット相談利用件数が増加。

Carely 駒居
Carely 駒居
導入から半年ほど経過し、先日社員の方向けにCarelyの説明会を実施しました。3日間で500名ほど参加いただいたかと思います。実施の経緯について改めて伺いたいです。
長谷川さん
長谷川さん
かしこまりました。Carelyの導入決定時から、導入しただけでは当初の目的は達成できないと感じておりました。サービスの機能を最大限発揮し、テレワーク環境下でも社員一人ひとりの健康管理の強化を図るためには、実際に利用する社員がシステムのメリットや操作方法などを理解する必要性があると思ったのです。そこで、サービス提供者から直接説明いただくのが一番効果的だと考え、駒居様に相談させていただいたという経緯です。
Carely 駒居
Carely 駒居
確かにシステム導入を社内に周知するだけだとなかなか従業員側の利用率は上がらないというお声はよくいただきます。実際に500名規模の企業様の社員向け説明会はCarely史上初めての試みでした。その成果はいかがでしょうか?
長谷川さん
長谷川さん
オンライン健康相談の窓口はCarelyで活用したいメインの機能の一つでした。説明会開催後のヒアリングで社員からも非常に関心が高いことがわかり、どんな質問が可能かという追加の相談ももらっています。内容は例えば運動不足解消の方法や腰痛対策などについて聞いていいものか、というものです。
Carely 駒居
Carely 駒居
実際に相談率は劇的に上がっています。全従業員の1 %の相談率で平均以上とされている中、御社では4月の説明会以降5%程度利用いただいている状況です。詳細はもちろん把握することはできませんが、生活習慣、メンタル面の話など幅広い内容だと弊社オンライン保健師より聞いております。

人事の方ではなく、社外の専門家、なおかつ対面ではないオンライン上での相談環境が、躊躇せずに小さな不安を気軽に吐き出す後押しになっているのかもしれませんね。導入の目的にあった一次予防の仕組みづくりが構築されつつあると言えます。
長谷川さん
長谷川さん
そうですね、チャット相談の活用で従業員側の満足度も高まっていると感じています。導入して6ヶ月程度ですが、それ以外にも、オンライン上で従業員が自分の健康診断の結果の確認・管理ができるなどもメリットに捉えています。説明会を実施したことでさらに機能の理解が進んだため、開催して非常に良かったと思います。

Carelyのデータ活用でメンタルヘルス対策強化、健康増進施策の検討材料にも。

Carely 駒居
Carely 駒居
最後に今後のCarelyの活用方法についてお伺いします。
長谷川さん
長谷川さん
従業員と専門家の健康相談の場作りができ始めたので、人事側と産業医の先生のやりとりが切れ目なく行われる場としても整え、テレワーク環境下において充実した健康管理を実践していきたいと思います。あとはこれから蓄積されていくデータを、社内のメンタル不調の予防や健康増進施策の検討材料として利用したいと考えています。
篠田さん
篠田さん
データ活用はCarelyの導入の決め手のもう一つでした。休職になります、メンタルヘルスに問題があります、など今までは連絡待ちの状態だったため、もっと能動的に兆しを捉えてアプローチができないかと考えていました。例えば上長に働きかけて業務負荷を減らしてもらうなど。メンタルヘルスの一次予防がきちんとできること、それがこの先Carely活用で達成したいところです。
長谷川さん
長谷川さん
これらの健康管理の強化に加え、コロナ禍に関わらず今後テレワーク・出社両方の勤務スタイルを進めていくにあたり、働きやすい職場環境の改善にも繋げていきたいと思います。
Carely 駒居
Carely 駒居
そうですね、ストレスチェックなどのデータも蓄積されていく中で今後どんな健康経営施策を打っていくか、一緒に考えていければと思います。本日は有難うございました。
関連記事

執筆・監修

  • Carely編集部
    この記事を書いた人
    Carely編集部
    「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、日々企業の現場で従業員の健康を守る担当者向けに、実務ノウハウを伝える。Carely編集部の中の人はマーケティング部所属。

お役立ち資料

  1. 人事・労務向け メンタルヘルス対策ガイド
    企業や従業員のメンタルヘルスに課題を持つ人事・労務担当者向けの資料になります。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  2. 健康経営優良法人2023 完全ガイドブック
    「健康経営優良法人2023 完全ガイドブック」の冊子をダウンロードいただけます。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  3. 従業員の離職予防のカギは健康データにあり!データを活用した組織改善のノウハウを解説
    本資料では、離職予防につながる健康データの活用方法と担当者が抱える悩みに対する解決方法を知ることが出来ます。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  4. IT企業に適した健康管理体制基本ガイド
    IT企業が健康管理体制を構築する上でおさえておきたい、基本となるポイントをお伝えします。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  5. ストレスチェックを効果的に行うための集団分析の基本を解説
    さまざまなストレス要因が増加する中、担当者にとって組織のメンタルヘルス不調対策は欠かせないものとなりました。 実際にストレスチェックを効果的に活用し、不調を予防する方法を紹介しています。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  6. 健康経営優良法人の攻略ガイド〜調査票の健康管理編〜
    健康経営優良法人取得に向けて、調査票作成という観点で押さえておくことが望ましいポイントをお伝えします。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  7. Carelyの活用で健康経営優良法人を攻略する
    認定企業数が増え続けている健康経営優良法人。 変化の激しい現代では、コロナウイルスへの対応項目やSDGsへの取り組み項目など、新しい項目が続々と追加されています。 そんな中、毎年取得し続けなければいけない健康経営優良法人にプレッシャーを感じていませんか? 今回は、健康管理システム「Carely」を使って、健康経営優良法人を効率的に取得する方法をお伝えします。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  8. Carelyサービス資料
    健康管理システムCarelyの大企業向けサービス資料です。 Carelyは産業保健スタッフや人事労務の実務担当者の方が抱える、健康診断、ストレスチェック、過重労働等の健康データを一元管理し、効率的に実施する仕組みづくりをサポートします。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  9. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  10. 製造業人事担当者向け/お役立ち資料一括ダウンロード
    製造業の人事労務担当者向けに、調査データや健康管理の基本が詰まったお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  11. 外資系企業人事担当者向け/お役立ち資料一括ダウンロード
    外資系企業の人事労務担当者向けに、調査データや健康管理の基本が詰まったお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  12. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  13. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  14. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  15. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  16. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  17. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  18. 見逃し配信 / プレ健康経営サミット
    「従業員の健康を第一にする」というのは、実は健康経営ではありません。企業の事業戦略に基づいた、「本質的な健康経営」を紐解きます。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  19. 健康管理のデジタル化に、失敗する理由と成功した事例
    2020年春、新型コロナウイルスの流行によりテレワークが余儀なくされました。これまでのアナログな健康管理では、従業員の健康を守ることが難しくなりました。健康労務をペーパレス化して法令遵守を徹底するための企業事例を解説しました。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  20. 従業員50人からはじめる健康管理の法令遵守
    どこまで健康管理業務を徹底すれば、法令遵守になるんでしょうか?労務管理の義務が増える従業員50人を超える”前”から読んでおきたい入門ガイドを産業医が書き下ろしました。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
関連資料をダウンロードする
健康管理システムの事例集が、ダウンロードできます。