健康診断の効率化

なぜ、健康診断はこんなにも「ムダ」な作業が多いのでしょうか?

クリニックへの予約、従業員への受診勧奨、健保組合への補助申請、そして労基署への報告書の作成。これら労働安全衛生法により実施が義務付けられているだけでなく、近年では健康経営を実践する第一歩として「受診率100%」が掲げられているため、より一層人事労務への負担が大きくなっています。

健康診断の関連業務を効率化するためには、綿密な準備と計画が必要です。ただ単に従業員に受診させるだけの健康診断ではなく、生産性の高い職場づくりにつながる健康診断をはじめていきましょう。

健康労務のメルマガを購読する