産業医とスムーズな連絡・共有

企業の健康管理業務において、人事と産業医の連携は欠かせません。

衛生委員会、職場巡視、健康診断の就業判定、過重労働者や高ストレス者との産業医面談、といった労働安全衛生法で定められた業務では、人事側が準備しなければならない書類も多く煩雑です。

リーダーシップを発揮して企業活動に貢献してくれる産業医が選任できればいいですが、実際には人事からの依頼”だけ”を対応する産業医が少なくありません。どのような方法で産業医と関われば、人事労務の負担は軽くなるのか。現役産業医の視点からお伝えします。

健康労務のメルマガを購読する