健康診断の効率化
2021年10月27日 更新 / 2019年9月3日 公開

予算はいくら?健康診断制度新設時に気になる費用のはなし

健康診断の費用

会社で健康診断制度を作る時、費用に関して気になりますよね。労働者が受診する健康診断の費用は誰が支払うのか? 人数が多ければ多いほど、金額も大きくなりますよね。今回は、そんな健康診断の費用のお話をします。

本題に入る前に、健康診断の予約業務についてお困りではありませんか。受診予約率が上がらない、手間がかかるなどのお悩みをまるごと解決する健康管理システムCarelyについて、以下セミナーにて解説していますので、ご興味ある方はぜひご確認ください。

健康診断のさまざまな呼び方

労働安全衛生法(以下、安衛法)で定められた「事業者による健康診断」は、法定健診、企業健診、事業者健診という呼ばれ方もします。

健康診断にかかる費用とは

健康診断で必要な費用とは、医療機関に支払う健康診断の費用です。これは、保険が使えないので全額が実費になります。

安衛法には健康診断に関する規定があり、事業者には健康診断の実施義務がありますが、費用はどのようになっているのでしょうか。ここでは、説明の便宜上、健康診断を2つのグループに分けてお話しします。

  • 赤い枠で囲んだもの → 一般健康診断
  • 緑の枠で囲んだもの → 有害業務の健康診断

健康診断の費用は誰が負担するものか?

都道府県労働基準局長あて労働省労働基準局長通達(労働安全衛生法および同法施行令の施行について、昭和47年9月18日、基発第602号)に健康診断の費用を誰が負担するかについて書かれていました。

(2) 第六六条関係
イ 第一項から第四項までの規定により実施される健康診断の費用については、法で事業者に健康診断の実施の義務を課している以上、当然、事業者が負担すべきものであること。

・労働安全衛生法および同法施行令の施行について(◆昭和47年09月18日基発第602号)

これは、会社に医師を呼んだ場合も、外部の医療機関で受診した場合も同じです。全額が会社の負担になります。赤い枠で囲んだ一般健康診断も、緑の枠で囲んだ有害業務の健康診断も会社が費用を負担します。

健康診断の基本の費用はどのくらいかかるか

健康診断は、ご存じのように保険が使えない自由診療です。ですから、その金額は地域性や医療機関によっても違いますし、組合の有無によっても変わります。もちろん、受診者の年齢や性別などによって変わる部分もあります。

インターネット上で健康診断にかかる費用を公開している病院などの金額を100件ほど確認してみましたが、費用は基本料が5,000円~15,000円くらいまで幅広く設定されていました。会社に医師が来る場合と、労働者が医療機関に出向く場合では状況が違いますし、全国にはたくさんの医療機関がありますから、費用だけではなく予約のとりやすさなどを勘案した上で、自社に向いている方法をとるのが良いと思います。

健康診断のオプション検査の費用

法定の11項目は会社が費用を負担しますが、その他の項目についてはどのように取り扱うのか、労使で事前に取り決めておくとスマートです。就業規則や、健康管理規則など、会社によって呼び方や規程は異なりますが、健康診断の制度に関する詳細な規定をぜひ決めておいてください。

オプション検査料金の傾向
日本人間ドック健診協会 オプション検査における各機関の実施状況報告 より

また、医療機関によって健康診断に追加できる項目やその金額は異なりますので、実際に受診する医療機関で個別に確認することをお勧めします。

計11機関より集計されたオプション検査項目
日本人間ドック健診協会 オプション検査における各機関の実施状況報告 より

最近では、医療機関に出向いての健康診断の場合、より目新しい追加オプションが増えてきているようです。検査項目も費用も多岐に渡っていますが、労働者の健康、ひいては労災の防止にもつながりますので必要な項目に関しては会社が費用を負担してでも受診させておくと安心かもしれませんね。

健康診断のコストについてお話しましたが、健康診断業務は業務コストもかかっています。他部署になかなかりかいしてもらえない煩雑な業務がたくさんありますよね。煩雑化した業務をシステム化して、業務コストを削減しませんか。詳しくは以下セミナーにて解説していますので、ご確認ください。

さいごに

事業者に課せられた健康診断の実施義務。自社にあったプランを立て、実行することが何よりも重要です。費用もかかりますが、健康な就労環境を作り、生産性を向上させるためにも、ぜひ費用だけにとらわれずにより良い方法を見つけていただきたいと思います。

健康診断関連の要チェック記事

執筆・監修

  • Carely編集部
    この記事を書いた人
    Carely編集部
    「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、日々企業の現場で従業員の健康を守る担当者向けに、実務ノウハウを伝える。Carely編集部の中の人はマーケティング部所属。

お役立ち資料

  1. Carelyの活用で健康経営優良法人を攻略する
    認定企業数が増え続けている健康経営優良法人。 変化の激しい現代では、コロナウイルスへの対応項目やSDGsへの取り組み項目など、新しい項目が続々と追加されています。 そんな中、毎年取得し続けなければいけない健康経営優良法人にプレッシャーを感じていませんか? 今回は、健康管理システム「Carely」を使って、健康経営優良法人を効率的に取得する方法をお伝えします。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  2. 第8回健康経営サミット – 録画配信 –
    本セミナーでは実際の健康経営度調査をもとに、 項目変更の背景理由、中長期視点で抑えるべきポイントについて解説します。
    資料をダウンロードする
  3. 第7回健康経営サミット – 録画配信 –
    今回の健康経営サミットでは、人事通算歴13年、現在は人事コンサルタントとして活躍する金丸 美紀子氏をゲストにお迎えし、
    組織がいま取り組むべき健康経営について学びます。
    資料をダウンロードする
  4. Carelyサービス資料
    健康管理システムCarelyの大企業向けサービス資料です。 Carelyは産業保健スタッフや人事労務の実務担当者の方が抱える、健康診断、ストレスチェック、過重労働等の健康データを一元管理し、効率的に実施する仕組みづくりをサポートします。
    健康管理システム
    資料をダウンロードする
  5. 第6回 健康経営サミット – 録画配信
    本セミナーは、株式会社サイボウズ、株式会社iCAREの共催で行います。
    資料をダウンロードする
  6. 定期健康診断の事後措置ガイドブック 冊子版(PDF)
    健康診断の義務は、実施よりも"事後措置"の方が重要です。業務効率化を図りながら、ミス・モレのない実務ノウハウを解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  7. 健康経営2021 ステップアップ講座
    2020年は健康経営推進担当者にとって波乱の年になりました。今年そして来年以降の健康経営計画の見直しをふまえた、最短で認定取得を目指すステップアップ講座です。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  8. 特殊健診は怖くない!有機溶剤編
    初めて特殊健診を管理する保健師・衛生管理者向けに、「有機溶剤予防規則に基づく健康診断」について解説しました。(監修:産業医・労働衛生コンサルタント 山田洋太)
    健康診断
    資料をダウンロードする
  9. ー改訂版ー
    オフィスの感染予防 対策ガイドラインの解説
    経団連が発表した感染症対策ガイドラインをさらに深堀って解説します。抽象的な指針だけでは分からない、実務レベルの対策を解説しています。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  10. 健康診断をペーパレス化。メリットと外部業者の選び方
    まだ紙で管理しますか?延べ200社の健康診断の管理をペーパレス化してきたから分かった、人事労務・保健師の業務を効率化するコツと運用法を解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  11. 「健康投資管理会計ガイドライン」を会計士が人事総務向けに解説
    公式では分かりづらい管理会計のガイドラインを、労働安全衛生法に精通した会計士が分かりやすく解説します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  12. 人事が主導する、健康経営スタートガイド
    社員食堂の整備やウォーキングの目標設定よりも、前に実践すべきことがあります。人事の仕事がラクになる健康経営のコツを紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  13. 健康管理費のコストカット表
    会社から経費削減を命じられているものの「健康管理費はどこまで削減していいものか」分からない方へ。従業員の健康を守りながらコストを削減する事例を紹介します。
    健康経営
    資料をダウンロードする
  14. 働き方改革の新しい義務『健康情報管理規程』の策定マニュアル
    厚労省から公表されているサンプルでは分かりづらい、という人事の方へ。ハンザツな規程作成が5ステップで完了します。
    法律 / ガイドライン
    資料をダウンロードする
  15. 集団分析の社内報告マニュアル
    ストレスチェック担当者が、上司・経営者から評価を得るために。厚労省の判定図の正しい読み方から社内報告の方法を産業医視点で解説します。
    メンタル / 過重労働
    資料をダウンロードする
  16. 急増するテレワーク中のメンタルヘルス対策と、失敗する予防策
    テレワークとオフィス勤務が混在する働き方の企業向けに メンタル不調者への法的に正しい実務対応を30分で解説します。
    テレワーク / コロナ
    資料をダウンロードする
  17. 健康管理検定 中小企業の法令遵守編
    本セミナーは従業員数50人〜200名程度の企業が対象です。 あなたの会社では健康管理の法的義務に正しく対応できていますか?
    健康経営
    資料をダウンロードする
  18. ベテラン人事こそ失敗する、休復職者対応5つの落とし穴
    「スムーズに復職は、休職前の準備は大事」 人事の工数を最小限におさえる休復職対応を、保健師が解説します。
    産業医
    資料をダウンロードする
  19. 2021年度、コロナ禍での健康診断を再計画
    コロナ禍で重要度があがった従業員の健康管理。 2021の健康診断では、ルールの正確が必要です。最近情報は30分で紹介。
    健康診断
    資料をダウンロードする
  20. 先回りメンタルヘルス対策
    -IT企業編-
    クリエイティブ職が多いIT企業だからこそ注意が必要なメンタルヘルスの予防と対策。心の問題以外にも焦点をあてて解説します。
    健康診断
    資料をダウンロードする