顔写真でパッと見える!産業医面談の管理機能をアップデート。2020年開発予定も発表します。

2019.12.20 更新 / 2019.12.20 公開
健康労務の最新常識

おはようございます、Carelyエバンジェリストの小川です。

今日もCarelyアップデート情報(2019年12月)をお届けしますね。今月はビッグな機能改善・デザインリニューアルが実施されました。

Carelyユーザー(産業医)の声をもとに、
顔写真で従業員がパッと見えるデザインリニューアルと、産業医の面談管理がかゆいところに手が届く使いやすさに機能改善しました。

従業員の顔が、一覧画面でパッと見える

従業員の一覧画面(人事・産業保健スタッフのみ閲覧可能)では、従来のリスト表示に加えて、従業員ひとりひとりの顔が大きく見えるタイル表示のデザインを追加しました。

「管理機能は本社に集約していると、支社や店舗にいる従業員の顔と名前が一致しないことがあって・・・」

Carelyではユーザーごとに顔写真やプロフィールを入力する欄がありましたが、今回のデザインアップデートによって有効活用いただきやすくなりました。

前の画面に戻りたいときに便利な、パンくず機能

「従業員それぞれの健康情報を見ていくと、前の画面に戻りづらいときがあります」

パンくず機能とは、今開いているページがシステム内のどの階層にあるのかをひと目で分かりやすく表示した機能です。

あのページに戻りたいけど毎回サイドバーから辿るの大変だなぁと思っていた方にはぜひ使っていただきたいですし、初めてCarelyにふれる方にとってもシステムの構造が分かりやすくなりました。

産業医の面談管理がもっとスムーズに

Carelyを企業の現場で使っている産業医から、「従業員の数が大きくなってくると、面談の日程調整や後から見直すときにひと手間ふた手間増えてしまう」という声をいただくようになりました。

そこで、かゆいところに手が届く使いやすさを実現するために産業医の面談管理を大幅に機能改善しています。

  • 従業員カルテから直接、産業医・保健師面談を追加
  • 面談候補から除外された候補者を一覧で確認
  • すでに面談が設定されていたら、重複予約をお知らせ
  • 対面だけでなく、オンライン含めた面談手段を記録
  • 面談実施後は、記録(内容・メモ・意見書)で絞り込み検索

候補者を自動で抽出し、フォローをモレなく実施

毎月のように発生する産業医面談ですが、誰にいつどの理由で面談を設定するかはなかなか管理しづらい業務です。

Carelyの中には従業員の健康情報(健康診断・ストレスチェック・残業時間など)が一元管理されるので、産業医面談の候補者は自動で選ばれます。

その後、面談を実施する日程を人事と産業医の間でスケジュール調整し、実施の記録を残して情報を共有する。あるいは面談記録からより細かな絞り込み検索をすることで、細やかなフォローをモレなく効率よくCarelyで実施できるようになりました。

2020年1月の開発予定

健康管理ダッシュボード機能の機能アップデートが進行中です。

健康管理ダッシュボード機能とは、一元管理された従業員の健康情報や衛生委員会の実施状況をもとにして、健康管理における労務リスクがビジュアルで把握できる管理機能です。

現在は、企業全体の労務リスクや法令遵守の対応状況が表示されています。2020年のアップデートでは、部署ごとに切り分けた表示が可能になります。これにより、人事と管理監督者のリスク管理と初期対応のスピードを高めることが期待できます。

健康管理システムCarelyは、これからも人事労務の健康管理業務を自動化する機能を開発・アップデートしてまいります。

メールで最新記事を受け取る

企業の健康管理に関するニュース・実務ノウハウをお届けします。

健康労務のメルマガを購読する

登録の解除はいつでも可能です

最新の記事