質問)マイナーな健康保険組合でも、健康診断代行サービスは利用できるの?

2021年4月1日 更新 / 2021年4月1日 公開
健康管理の最新常識

回答)基本的には、どんな健康保健組合であってもCarelyの健康診断代行サービスは利用できます。

マイナーな健康保険組合であっても、健康診断代行サービスのご利用は可能です。所属の健康保険組合によって、利用できる健診クリニックが指定されていたり、補助がでる検査項目は異なってきます。

Carelyでは受診予約だけでなく、健保への補助申請やクリニックへの精算も代行可能です。

■Carelyで所属の健保が対応できるか相談をする流れ

  1. 申し込み前に、所属の健保を確認
  2. これまでの健康診断の流れや会社の補助制度をヒアリング
  3. 健保指定の健診クリニックの利用や補助申請の見積りを発行
  4. 契約後、従業員情報をもとにCarelyを利用した手順をご連絡

「マイナーな健康保険組合で、対応してもらえなかった」といった場合でも、Carelyで対象のけんぽを確認いたします。まずは、以下からお問い合わせください。

\利用可能な健康保険組合か、事前に確認できる!/

【補足1】Carelyで対応実績のある健康保険組合一覧

Carelyでこれまで対応実績のある健康保険組合は、以下の通りです。

全国健康保険協会愛知県情報サービス産業健康保険組合
東京実業健康保険組合関東ITソフトウェア健康保険組合
東京都情報サービス産業健康保険組合近畿化粧品健康保険組合
東京不動産業健康保険組合産業機械健康保険組合
東京薬業健康保険組合出版健康保険組合
NSD健康保険組合東京広告業健康保険組合
横河電機健康保険組合東京電子機械工業健康保険組合
三菱重工健康保険組合東京都電機健康保険組合
神奈川県電子電気機器健康保険組合東京都報道事業健康保険組合
大東建託健康保険組合東京都木材産業健康保険組合
※2021年3月30日時点の情報です

\利用可能な健康保険組合か、事前に確認できる!/

 

{{ toc.expandAside ? '閉じる' : '記事の目次' }}

お役立ち資料

法令遵守や健康経営、働き方改革の実践ノウハウなど、
無料でダウンロードして今日からご活用いただけます。